実はけっこう危ない、妊婦の「ディズニー旅行」

「お腹の赤ちゃんとミッキーとで記念撮影!」
・・・なんて意気込んでいる妊婦さんもいると思いますが、ちょっと待って!
お腹のこと気遣ってあげていますか?
ディズニー旅行、赤ちゃんが望んでいることですか?

現役マタニティで「ディズニーマタ旅」を経験した筆者が、ディズニーランドが「マタ旅」にオススメできない4つの理由をお伝えします!

その1:人混みはかなり危ない

ディズニーランドと言えば、混雑していて当たり前!都心のママなら混雑に慣れているかもしれないが、特に田舎から何年かに1度ディズニーランドに行くような私みたいな人は要注意!

人混みだと、誰かが持つ大量のお土産や、小さいお子さんの顔が、いつお腹に当たってもおかしくない状況になります!特に缶に入ったクッキーを大量に詰め込んだショップ袋!あちこち走り回って、こっちに突進する勢いで向かってくるお子さん!こっちのおかまいなしに当たってきます。もちろん相手は悪くありませんね。
これではお腹の赤ちゃんをとっさに守りたくても、難しい状況になります。

その2:休みたいときに休めない

妊娠中は自分が思っている以上に疲れやすいです。
そんな中、長時間アトラクションに並んで立ちっぱなし、座って休憩したくても座れるところがない、レストランに入ろうとしてもまた行列・・・
妊婦だから優遇してくれるのはランド側だけで、来ているお客さんはみんな「自分(とその家族)が一番」が基本ですから。

特に猛暑日や凍えるような寒さの時期、つわりが厳しい時期や臨月では要注意です。

その3:夫とケンカしちゃうとか

テーマパークに行くと、険悪なムードのカップルや夫婦をよく目にします。
混雑にイライラして無口になったり短気になる夫・・・そんな夫とのマタ旅はママにとっても赤ちゃんにとってもよくありません!

また、妊娠している妻をほっといて楽しもうとする夫だっています。「俺このアトラクション乗りたかったのに〜」なんて言われたら、赤ちゃんもかわいそうですよね。

その4:はっきり言ってお金が無駄

妊娠中は、いくら気をつけていてもいつ体調が崩れるか分かりません。もし当日に体調が悪くてキャンセルすることになったら、そりゃ都心の方は特に問題ないかもしれませんが、新幹線のチケット代、宿泊代・・・すべてキャンセルです。

その他、乗れるアトラクションも限られているし、夢の国に行ったはいいけど終日体調不良だったり、ぶつかられてハラハラしたり、頼りない夫に失望したりケンカしたり・・・

特に楽しいこともなかったら、お金もったいないと思います。それよりも出産〜子育てはお金かかりますよー!





いかがでしたか?

某雑誌では「マタニティー目線で楽しむディズニーランド!」なんて特集も目にしましたが、大切なのは赤ちゃんとママですからね。
自分の体調や赤ちゃんのことを常に気遣えるマタ旅がいいですね。

この記事を書いたユーザー

あやみmama このユーザーの他の記事を見る

子育て真っ最中のあやみmamaです。オシャレ、北欧雑貨、そして家族が大好きです!お得な情報やタメになる情報、自分の体験談を発信していきたいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス