このニュース、皆さん読みましたか?

タイトルだけ読むと「インフルエンザワクチンを受けなくても良い」という印象を受けます。

記事の本当の内容は?

記事をきちんと読むと、インフルエンザワクチンを接種しても、6〜11カ月の乳児と13〜15歳の中学生には、発症防止効果がないとの研究成果が発表されたという内容です。

また、インフルエンザの特定の型や患者の年齢によって発生防止効果が見込まれない場合でもインフルエンザワクチンには重症化を防ぐ効果もあります。

(赤字強調は執筆者が編集)

この見出しに納得ができない人たちが多数

「効果がないので、受ける意味がない」と受け取りかねないタイトルの付け方になっており、Twitterなどでも議論の的になっていました。

危惧する人たちも

予防接種の意義は?

予防接種は意味もなくウイルスなどを身体に入れているわけではありません。
東京都労働局が発表している予防接種の意義・目的を紹介します。

予防接種とは、人の免疫のしくみを利用し、病気(感染症)の予防に有効であると確認されたワクチンを接種することによって、病気に対する抵抗力(免疫)を高める方法です。
 予防接種を受けることにより、感染症を予防したり、かかった場合に重症化しにくくするという効果が期待されます。

出典 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

また自分が病気にならないというだけでなく、違った目的もあります。宇都宮市医師会の説明がわかりやすかったので紹介します。

防接種はかつて天然痘を地球上から根絶したように、多くの人が受けることによってその 病気をなくしてしまったり、あるいは流行を予防することができます。 予防接種を受けるということは、その方が病気に罹らず健康でいられるようにするのと同時に、 その方の家族や友人、将来生まれる子供達の健康をも守ることになります。

出典 http://www.uma.or.jp

世界的にもこれほど予防接種が行われているのにはきちんと理由があります。

冒頭で紹介した記事のように、見出しだけ読んで誤解するような場面もあるかもしれませんが、きちんと中身まで確認することや、その他の意見や説明に耳を傾けることも重要です。

予防接種に対する正しい理解や知識が広まることを願います。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら