この夏、体重に変化はありましたか?

今年の夏、痩せましたか?太りましたか?暑くてなかなか家から出られずに太ってしまった人、多いのではないでしょうか?夏バテで食欲がなかったはずなのに…どうしてなのでしょうか?

炭水化物や糖質の過剰摂取

夏バテで食欲が落ちると、のどごしの良いそうめんや、冷や麦などの「炭水化物」の単品料理にばかりになったり、冷たいアイスやフルーツなどの「糖質の摂取」が多くなってしまいます。

基礎代謝の低下

外は暑いので、運動量、活動量が減り、筋力が落ちてしまいます。そうすると基礎代謝が落ちてしまいます。その状態が続けば脂肪を燃焼しにくくなり、脂肪を溜めやすい身体になってしまうのです。

そのまま秋を迎えると…

代謝が落ちたまま食べる機会が増えてしまうと、体重が増加傾向になります。更に、その先のクリスマスやお正月には家族で集まって食べる機会が益々増え、更に体重が増加に向かってしまうのです。
つまり、秋から冬になっても体重が戻らなくなってしまう…これが「夏太りスパイラル」が続くということです。
恐ろしい…ではどういう対策をすれば良いでしょうか。

簡単な運動

・スクワットを1日15〜20回
・腹筋を1日5〜10回

上記のような基礎代謝を上げる簡単な運動がいいようです。
運動は、高い目標を設定せず、「一駅分歩いて帰る」など、出来そうな事から始めるといいです。

ベジタブルファースト

これから食欲の秋、食事面での対策は、野菜から食べ始める「ベジタブルファースト」を習慣にするのがオススメです。食物繊維が脂肪の吸収を緩やかにしてくれます。

いかがでしたか?

夏太った分がなかなか戻らない「夏太りスパイラル」。対策をきちんと取らないと、これからの食欲の秋から、更に先のお正月まで、食べる機会が増えて体重が戻らなくなってしまいます。健康にもよくありませんよね。このまま「夏太りスパイラル」が続かないように気をつけたいですね!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら