出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
デリケートゾーンの痒みが気になる人も多いのでは? もしかするとその痒み、「カンジダ膣炎」が原因かもしれません。

今回は、この聞きなれないカンジダ菌について、医師に解説してもらいましょう。

「カンジダ菌」が増えるとどうなるの?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

カンジダ膣炎は、カンジダ菌(カビの一種)が原因で起こります。

身体にもカビが生えるのか、とちょっとショックかもしれません。しかしカンジダ菌は、人間の腸内や皮膚にもともと住み着いている常在菌です。女性の膣にも存在します。

人間が健康なときには何も問題を起こしません。
しかし抗生物質やステロイド剤の服用、疲れ、妊娠、糖尿病などなど、免疫力が落ちたり、膣粘膜の状態が悪くなると急激に増え、酒かすのようなおりものが出たり、デリケートゾーンが痒くなったり、赤く腫れることがあります。

カンジダ膣炎にかからないための予防策

出典 http://www.gettyimages.co.jp

カンジダ腟炎は再発しやすい感染症です。特に高温多湿の季節は以下のことに注意しながら、予防に努めましょう。

・ナプキンやタンポンはこまめに換える
・締めつけ過ぎない、通気性のよい下着を選ぶ
・汗でムレたり汚れたりしやすい外陰部は、日ごろから清潔を保つ
・基本的な栄養、睡眠を確保して体力を低下させない
・過度なダイエットはしない
・冷房などによる身体の冷やしすぎや過労は禁物

外陰部を洗う際は、清潔なお湯で膣の中まで指を入れて行いましょう。石けんをつけていいのは毛が生えている部分までで、それより奥の部分は、お湯だけで洗うようにしましょう。

医師からのアドバイス

カンジダ膣炎は、セックスでも感染します。治療をしても再発を繰り返すようであれば、パートナーにも泌尿器科で検査してもらうなど、適切に対応しましょう。
カンジダ膣炎は、軽症であれば自然に治ることもあります。しかし感染すると膣の中の常在菌バランスが崩れるため、ほかの性感染症のリスクが高まります。しっかり婦人科を受診しましょう。


≪あなたの避妊法は大丈夫??≫

1分でできる【避妊安全度】チェック!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス