今週末公開!
映画『ヴィンセントが教えてくれたこと St. Vincent』

監督:セオドア・メルフィ
主演:ビル・マーレイ
メリサ・マッカーシー
ナオミ・ワッツ
ジェイデン・リーベラー

原題は「St. Vincent」
セイントは大事なキーワード。
原題の意味がわかった瞬間、泣きました!

飲む打つ買う
はみ出し者のおやじヴィンセント。
偏屈で街では嫌われ者。
心を許すのは飼い猫のフィリックスと
ストリッパーのダカのみ。
ダカは彼の子を妊娠している。

そんなヴィンセントの隣に
シングルマザーのマギーと
12歳の息子オリバーが越してくる。

オリバーは転校してきたばかりで
いじめにあっている。
ある日、財布と鍵を盗られたオリバーは
母親が帰ってくるまで、ヴィンセントに
面倒をみてもらう。

その日をきっかけに
オリバーのシッターを頼まれたヴィンセント。
ヴィンセントは競馬や酒場にオリバーを
連れて行き、ケンカの仕方を教える。

やがて、オリバーとヴィンセントには
年齢を超えた友情が芽生えてくるが・・


これは傑作でした!
脚本が素晴らしい。

この映画は演出として
見習うべき点がいっぱい。


登場人物はみんな
どこぞのクソ映画(失礼)のように
感情を口に出さない。
しかし、その表情やアクションで
全てが読み取れる。
演技の上手さもあるが、一歩引いた客観的見せ方もうまい。

とにかく、子役をはじめ演技が素晴らしい上に演出がうまい!

僕はラストに無理に泣かせない演出に
泣いた!

細かいところは
ネタバレするので
上映が始まってから。

ところで、
少年の母親役のメリサ・マッカーシーは
アメリカではヒット作を連発する
人気コメディアン。
痩せると超美人と言われているんだけど
芸のために体型を維持。

なんと、
リブート版『ゴーストバスターズ』に
出演している。というか主役。
オリジナル『ゴーストバスターズ』の
ビル・マーレイと今作で共演。
リブート版には、ビルも出演しているそうで、ひと足早く新旧共演となった。
二人ともリアルな演技もできて、笑わせて、ハリウッドの人は本当に芸達者な才能ある人が多い。
この映画の優れている点は
近日書きます。
三回目観て。


出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

entertainmentcrazy このユーザーの他の記事を見る

日本、アメリカ、そして世界から、映画、音楽、旅など
エンターテインメントな情報を発信していきます!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス