映画にもなった名曲♪プリティ・ウーマンに隠された涙の話とサングラス

ロイ・オービソン(1936~1988)
通称:ビッグ・オー
♪おお、プリティ・ウーマン、♪オンリー・ザ・ロンリー、♪クライング、♪ブルーバイユーなど全盛期には20曲以上のヒットを連発した
エルビス・プレスリーらと並ぶ伝説のミュージシャン。
ヴェルヴェット・ヴォイスと呼ばれるファルセットが特徴。

 まずは、ロイ・オービソンはなぜいつもサングラスを掛けているのか?
 彼は全盲だという者までいた。1963年、ロイ・オービソンはイギリスツアーを行っていた。その前座のバンドは、なんとビートルズ。
 この時の写真では、ビートルズと一緒のロイはサングラス姿。実は、このイギリスツアーの直前、アラバマに向かう飛行機の中にメガネを忘れてきたロイ。近眼のロイはメガネがないと困る。その晩のステージは持っていた度付きのサングラスで登場。
その流れのまま、イギリスに行き、ツアー中サングラスを掛け続けるしかなかった。
ポール・マッカートニーがサングラスをすすめたとか噂はあるが、これが真相。
 ロイ・オービソンの大ファンだったビートルズ。
♪プリーズ・プリーズ・ミーはロイの♪オンリー・ザ・ロンリーを意識して作った曲。
 その後、クールな出で立ちを気に入ったロイはサングラスを掛け続け、
それは彼のトレードマークとなった。
 

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

entertainmentcrazy このユーザーの他の記事を見る

日本、アメリカ、そして世界から、映画、音楽、旅など
エンターテインメントな情報を発信していきます!

権利侵害申告はこちら