花粉症の季節には飛ぶように売れるマスク

出典 http://www.gettyimages.co.jp

春、秋など花粉症の方はマスクが欠かせません。でもそうでない場合にこのマスクを手軽に使ってしまうことがあります。メイクするほどではないけど、すっぴんは見せたくないとき、便利なアイテムです。だてめがねにマスクで、完全にすっぴんが隠せます。こういう女性が増えている一方で、その弊害が引き起こされています。

顔にニキビ発生していませんか

出典 http://www.gettyimages.co.jp

マスクとニキビは密接な関係があり、マスクを装着することで、顔の皮膚に摩擦が起きます。こすれます。こすれるので、当然マスク側に菌は顔の皮膚表面に密着します。

マスクは本来乾燥を防ぐので、喉、鼻の乾燥からまもり、外部からの侵入を防ぐ役割を果たします。そのためマスクを皮膚の間にはニキビの原因となる雑菌が毛穴をふさいでいるのです。

ニキビは雑菌の繁殖で増えます。そのためその繁殖しやすい蒸れたマスクには雑菌が多く、マスクそのものが菌がついたまま装着するこの繰り返しでニキビが悪化します。

マスクも必要、でもにきびは嫌!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

マスクは使いすてのものを選びます。雑菌を肌に密着させないことが大事です。風邪や花粉症以外にも、すっぴん隠しなどの場合、ニキビケアを十分に行いましょう。摩擦はお肌にとって最大の敵です。

マスクのメリットも生かして!

出典 http://cyankiba1136.seesaa.net

マスク本来の目的は保湿です。眠るときマスクをしたままで、呼吸が楽になったり、喉を乾燥から守ってくれます。お肌にとって、ニキビができてしまうものではなく、使用法を守れば、マスク生活で、お肌も快適になります。

マスクによって、自分の息が加湿器の代わりになっているので、お肌は翌朝しっとりさを保てます。この場合も記載したようにニキビをふせぐためのケアをして、マスクは使い捨てを心がけてください。

この記事を書いたユーザー

キタガワ このユーザーの他の記事を見る

ドラマチェックと演者、カメラを生きがいに好奇心旺盛で行動力が早いのが取り柄です。
生みだす表現力に人生をかけています

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動

権利侵害申告はこちら