広がるネットでの出会い

Q.ネットからの出会いは、アリですか? ナシですか? あり:50.2%(487件)
なし:49.8%(483件)

出典 http://news.mynavi.jp

3年ほど前のアンケートですので今だともう少し抵抗がなくなっているかもしれません。

出会いの場は…?

ネットで出会う際に何を使うのか?
私自身オフ会などでネットを通じて人に会うことは結構あります。

年代が違う人の意見を聞けたり、最新の流行りなども色々わかるためです。

ここ数年女性の姿もかなり増えていますし、昔と違ってオンラインゲームやmixiなどのコミュニティーと言うよりは、Facebook、Twitterなどで呼びかけてというスタイルが多くなっているようです。


出会い系サイトにはちょっと抵抗があるけど、LINEの出会い掲示板であれば…。
という私などからするとどう違うのかイマイチわからない事もよく聞くようになりました。

LINEなどのSNSツールとメールや電話の違い。

本人たち曰くLINEであればブロックすれば終わるし、最悪IDを買えてしまえばいいと言っています。
メールや電話と違って比較的簡単にIDを変えてしまうみたいですね…。
電話番号はともかく、再登録のめんどくささを考えるとメールの方が変えやすいと思うのですが…。
仲のいい子には電話番号で登録しておいて、そうではない人にはIDでなどと使い分けているようですが、番号教えた人がめんどくさくなったら一緒ではないかと思ってしまいました。

達人を名乗る男性に話を聞いてみました。

記事を書いていると話すと意気揚々と話し始めましたので、その時の話を掲載させていただきます。

--ここから先は自称達人の話です--

昔はmixiやこえ部と言った中でチャットやメッセージ交換ができるツールを使って出会いうことが多かったですね。

あの頃が、実際一番会いやすかったかもしれないですね。

今は人数も増えてライバルも増えているわけですが、あの頃は今ほど人数多くなかったですからね。SNSで出会おうとする人は当時から結構いましたけど。

当時で言えばこえ部や今でいうニコ生やツイキャスで会おうとする人って意外と少なかったんですよ。面倒臭い、すぐに会えない、時間に制約がある。
会いたいなと思った人が放送している時しか話しかけれない、こういったツールよりも手軽に会えると思いがちなmixiなどを使いがちだったんですよね。
でも、今は顔がわかっていたり、声がわかっていたりで、どんな人かも結構分かるじゃないですか、なので出会ってからの進展がそっちの方が早いってみんなわかってきたみたいで、ライバルが増えたのですよ。

だから昔の方が会いやすかったかな、ただ、人数が増えているので可愛い子も増えましたけどね。

どうやって出会うのか…?

どうやって出会うのかというところを聞くと自称達人は、少し考えてから、まあ、技術がないとできないからやり方位はいいかと言いながら話してくれました。

--ここから先は自称達人の話です--

今のおすすめは配信サイトですね。
ニコ生とかツイキャスとか…。
さっき言ったこえ部は殺人事件以降会いづらくなったのと低年齢化が進み過ぎているのでちょっとまずいかな。
若い子に会いたいならツイキャス、落ち着いた年齢ならニコ生の方が会いやすいと思いますよ。

実際会うまでにどうするかって言うと、流れ的にはサイトで仲良くなって、Twitterで親交を深めて、SkypeなりLINEなりを交換して、更に話して会うという流れなんだけど。

まずはサイトで仲良くなるのになるべく時間をかけること、すぐにSkypeとか聞かない方が警戒されない。まあ、人にもよるけどね。
何枠か掛けて名前を覚えてもらった後、Twitterに申請を送るのよ。ニコ生だとTwitterをコミュ詳細とかに書いている人がいいね。送りやすいからね。

大体生主さんってかまって欲しい人が多いからただいまとか何気ないことをつぶやくので最初は絡み過ぎない程度にリプを飛ばすのね。
できれば、相手が作ったご飯とか出かけた先の写真を褒めるのがいいかな。
仲良くなったら普通にただいまにおかえりを返すとかでもいいんだけど、最初はそれだと多分何も返信が返ってこないから(笑)

放送やTwitterで仲良くなったらSkype交換を提案するのよ。
まあ、向こうから話したいって言わせる方がいいけどね。
向こうからいってきた場合は家がそこそこ近ければ9割くらいは逢えますよ。

焦らず騒がずゆっくりとがポイントですね。
だいたい数ヶ月は見ておくほうがいいですよ。
それを考えると同時進行で何人かにつばを付けておくといい。

偶に放送聞いた次の日には会ってるなんて事もあるけど、そういうのは宝くじにあたった位な感じですし、場合によっては危なかったりするので…。

月に2~3人会う?

自称達人に話を聞いていると、上手く行くときは月2~3人会っているそうです。
その先どうするかについては伏せさせていただきますが…。
まあ…大人ですから…と言う感じですね。


他の人にも聞いてみましたが。

大体同じような感じでした。
中にはこうした出会いから結婚したけど、今でも出会い続けているなんていう強者も…。

ただ、多くの人が言っていたのは自己防衛の為にもすぐには会うのは辞めた方がいいとのことです。
これは男女ともに…。
女性の場合は襲われる心配が有るという事と男性の場合は美人局や詐欺なんていうのも未だにあるようです。
あと、複数人で合う場合でも絶対に気を許してお酒などを飲み過ぎない事。
これはお持ち帰りされても、周りはそこまで強くは止めてくれないことが多いからということです。
要するに自己責任で楽しみましょうということですね。

出てきた用語の解説

ニコ生
ニコニコ動画の中にあるリアルタイムに映像を配信できるサービス。
映像を通じて生主と呼ばれる素人配信者とお話をすることが出来ます。
生主になるには月540円かかります。
聞く分には無料です。
自称達人曰く課金している方がプレ垢と言ってコミュレベルなどに貢献できるので出会いやすいらしい。


ツイキャス
TwitterIDを使ってリアルタイムに映像を配信できるサービス。
ニコ生と違って基本無料です。

こえ部
リアルタイム音声配信サイト。
こちらも基本無料

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら