ごくごく普通に美味しかったものの、特に印象に残らずネタにしそびれてた物件をまとめておきます。


セブンイレブン 焼きカレーパン

新発売とのことですが、食ったのは結構前のことでしたかね…。


栄養成分等

熱量196kcal、ナトリウム561mg(食塩相当量1.42g)、脂質4.8g。カレーということで塩気は結構あるが、熱も脂もえらい低い数値です。


ブツ

筐体はいわゆる平焼きってヤツでしょか。やけに黄色黄色したカラーリングがカレーを演出しています。中の具がちょっち溶融気味ですが、暑い時期のせいなのか、元々こういう仕様なのかは不明。ホンマのカレールウみたいで雰囲気はありますな。


食べてみました

いただきますと…、う~ん、実に普通のカレーですなあ…としか言いよがないシロモノですね、これは。それなりにピリッとしてますし、トロッとした中央部とその周辺の焼き部の併せ技も面白いんですが、総合的にはやっぱりカレーパンでありますね。まあ、タイトル通りっちゃーそうなんですが。

パン生地についても特に語る点なしの普通さでした。レベル的にはおそらくキッズにも大丈夫的な辛さでして、その意味では万人受けする物件と申せましょう。ホンマ、ごくごく普通にウマかったです。







ミニストップ ミルクチュロッキー

これもまた色といい形といい、普遍的な物件であります。北海道産の牛乳で仕込んだ、ミルクものという点が特徴でしょうか。


栄養成分等

熱量466kcal、ナトリウム260mg(食塩相当量0.66g)、脂質31.1g。ドーナツの一種ということで高熱なんですが、それ以上に脂の値が目を引きますな。製造はヤマザキです。


ブツ

まさしくチュロッキーですなあ。寄ってみると、異様なまでのテカリがあります。内部は割とサクッとした感じですかね。


食べてみました

食してみますと…、おや、意外にさほどへヴィではありませんな。そして甘さも強烈なことはなく、これまた意外にマイルド。といっても、私は欠片をちょっと食った程度なので、完食したらばまた意見が変わるやもですがね。

でもまあ、同じヤマザキさんがリリースしてる油脂パンの『ローズネットクッキー』なんかより軽めに感じましたな。ま、極めて王道一直線揚げ菓子パンとして、普通に美味しい一品でした。







セブンイレブン うま塩もっちり チーズのパン

見るからに普通感炸裂といった物件ですが、逆にハズレってこともないでしょう。


栄養成分等

熱量230kcal、ナトリウム461mg(食塩相当量1.17g)、脂質6.5g。チーズなので塩気はそれなりだが、熱・脂とも結構低め。最近のセブンのパンはローファット指向なんでしょか。


ブツ

剥いてみると意外にテリがありますな。なかなか良いビジュアル。割ってみると内部にはチーズなしでした。


食べてみました

食ってみますと…、まさにチーズのパンですわ。確かに塩も効いてます。鉄板中の鉄板とも言うべき取り合わせでして、まさに鉄板的なお味で普通に美味しい。生地はもっちりということでしたが、特にそれは感じませんでしたね。







ミニストップ スイートクロワッサン(チョコ)

黒基調の外装で期間限定増量中という宣伝文句がやけに目立ってますが、それに釣られたわけではありません。


栄養成分等

熱量65kcal、ナトリウム40mg(食塩相当量0.10g)、脂質2.0g。1個当たりの数値です。1個分にしては結構脂が多いかなという気もする。製造は第一パン。


ブツ

チョコなのでこういう色合いなんでしょけど、何かもひとつ見栄えがパッとせんなあ…。マットな感じだからですかね。


食べてみました

実食してみますと…、これは結構甘いですね。チョコはチョコでもミルクチョコといったフレイバーです。かといってダダ甘ということはなくて、チョコ感はしっかりある。生地はしっとりソフト。ま、実に無難で適度な甘みに仕上げてまして、謳い文句通りおやつパンという表現がしっくりくる美味しさでした。



この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら