セシルだよ

今日、古本屋さんに欲しい本を探しに行った時のお話です。

店内をウロウロと欲しい本を探しながら歩いていると大きな声が聞こえた。

何事かと!?気になり(野次馬ですよね)声がする場所に行ってみると

年配の男性(70代くらい)が、店員さんに何やら言っている!

もうすでに、何人か人が集まりだしていた。

私は、隣の男性に何であんなにもめているのか訪ねると

店員さんが年配の男性に「商品の本の上にバックをのせないで下さい。」と言ったところが、年配の男性は「大事な物が入ったバックだから!」と怒っているとの事でした。

バックの大きさは、30cm×30cmくらいの一泊二日の荷物を入れるのに、ちょうど良い大きさのバックでした。

普通に考えると大事な物が入ったバックなら肌身離さず持っていれば安心ではないのか?
バックが、大きいと思うのなら足元に置いて足と足で挟み置いて置けば、置き引きに会わないのかとその時思いました。

年配の男性は、頭にきていて声がだんだんと大きくなりだした。

店員さんは、あたふたとどうしていいのかわからない様子です。

年配の男性は

「お前じゃ、話にならん!店長を呼べ!!」と言いだし

店員さんは、慌てて店長を呼びに!

年配の男性は、自分の周りに人が集まっているのに気づき

「見せ物じゃない!あっちに行け!!」と他のお客さんにまで噛みつきだした。

何人かの人がその場から離れて行きましたが

私は、最後までどうなるのか?見届けたかったのでそのままその場にのこってました。

店員さんが店長を呼んで来ました。

店長さんは、いきなり謝りだしました。

年配の男性は、強気になり店員さんを指差し

「こいつは、バックをのせるな!と言った。」と

さらに、怒鳴りだす。

慌てて、店員さんは

「本の上にバックをのせないで下さい。他のお客さんの迷惑になりますので。申し訳ございませんが、手に持つか足元に置いて下さい。と言いました。」と

それを聞いた私は、店員さんはきちんとした事を言ったのではないかと思いました。

頭にきている年配の男性は

「ほら、置くな!と言ったじゃないか!」と

店長さんは、慌てて

「申し訳ございません。」と言っている。

店員さんも頭を下げて、謝りだしました。

それでも、気がおさまらないのか!?

年配の男性は、ついに本の上に置いたバックを足元に投げつけました。

つい私は

「アッ!大事な物が入ったバックを投げちゃった!!」と言ってしまった。

それが聞こえた年配の男性は

「うるせい!!」と言いながらバックを拾いました。

店長さんと店員さんは、ポカーンとしてました。

私が言った一言から、そこにいた人達が

「そうだよ!大事な物が入っているのに投げたよね。」と言いだしました。

あれ?おかしいなとその場がなりました。

それを感じとった年配の男性は

「こんな店二度と来るか!!」と捨て台詞を言って店をそそくさと出ていきました。

店長さんが「お騒がせしました。」と言ってその事は終わりとなりました。

私は、決してお店にお買い物に行っても自分の事をお客さまだと思った事は、一度もないです。
お客さんだと思っています。
月に何百万・何千万円とお買い物して行ってるのなら、お客さまだと思うけど!

私自信の考えは、お客さんであるがお客さまではないと思います。

皆さんは、どう思いますか?

自分の事をお客さまと思ってお買い物をしていますか?

人それぞれで、答えがある事ではないと思いますがマナーを守り周りの方たちに迷惑をかけないで楽しくお買い物したいものですね。

終わり

この記事を書いたユーザー

セシル・ラン このユーザーの他の記事を見る

MHF(モンスターハンターフロンティア)大好きv
ブログは、ちょっとした日常・飼っている(ハムスター)・MHFの事を書いています!
私のブログを読んで下さいね!
アメブロURL
http://ameblo.jp/sesiruran/

得意ジャンル
  • 動物
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス