野生的に育った猫

2015年4月から3ヶ月間、オーストラリアのクイーンズランド州で熱帯雨林に囲まれた場所でファームステイをしていました。その3ヶ月間住んでいたところには、写真の猫がペットとして飼われていました。出会った初日からひっかかれたり噛まれたりで、傷だらけになりました。どうやら甘噛みができないそうです。自然に囲まれて育った為、彼は非常に野生的でたくましいです。彼の仕事は、ネズミを狩ること。農場のオーナーはそう言ってました。

まるで、獲物を狙う目

出典 http://s.ameblo.jp

ネズミハントが失敗に終わり、諦めて家へ戻って来たのでしょうか。カーテン(ファームステイ先の家はドアがありませんでした)から、獲物を狙うような目つきで私達をじっと見つめます。カーテンの隙間から顔を出している姿が可愛く、思わずシャッターを切らせていただきました。
ちなみにこのあとは、何もしていないのにひっかかれました。

時には癒し

出典 http://s.ameblo.jp

勿論、彼にも可愛い時があります。寝ている時です。ほとんどの場合お腹を上に向けて寝たりと、その警戒心のなさにびっくりです。

この記事を書いたユーザー

Erika Anne Nagaoke このユーザーの他の記事を見る

シンガポール生まれ東京育ち。
空港勤務、そして都内でOL勤務の後
思い切って、2014年よりシドニーへワーキングホリデー。
オーストラリアに一目惚れ、1年目の内に3ヶ月ファームステイし、
セカンドワーキングホリデービザ取得。2016年末までシドニー在住予定。
現在は、トラベルライター兼ジュエリー販売員。

権利侵害申告はこちら