出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
おろしたての靴で、心機一転! と思っていたら、靴擦れが……。歩くたびに、じんじん痛くて、これでは気分も凹みますよね……。

今回は、誰もが一度は経験したことがあるはずの靴擦れについて、その原因から対策まで、詳しく見ていきたいと思います。

原因1:サイズが合っていない
左右の足の形やサイズには、若干の違いがあるもの。そのため、どちらかいっぽうの足だけでフィットする靴を購入してしまうと、片足だけ妙にキツい! ということも。片足だけ靴擦れができやい、という人はどちらかいっぽうの足でしかフィッティングをしていないからかもしれません。

原因2:足の形と靴の形が合っていない
カカトのカーブが極端にせまくフィットしない、長さは合っているが幅が合っていない、ソール面のカーブに土踏まずのラインが合わない、なども靴ズレの原因になります。

原因3:歩き方に問題がある
靴擦れをしやすい、という方は靴底の減り具合をチェックしてみましょう。もし、左右非対称に擦り減っている場合、正しい姿勢で歩けていない証。また、どちらか一方が激しく擦り減っている場合、着地から次の一歩を踏み出すまで、地面に対して垂直に重心をかけることがでていないということでもあります。このように、不自然な体重移動ででは足への負担も大。靴擦れを起こしやすくなるというわけです。

≪合わない靴は水虫の元にも…≫
自分では思っていなくても、実はもう水虫になっているかも…?
1分で簡単チェック【水虫】診断

■ 靴擦れを確実に予防する3つの対策

出典 http://www.gettyimages.co.jp

予防1:夕方に靴を選ぶ
午前中ではなく、一日の中で、もっとも足がむくんでいる夕方に靴を選ぶことで、どんなときにでも足にフィットしやすいサイズのシューズをチョイスできます。その際、必ず両足で試し履きをすること。そして、大きい足のほうのサイズに合わせて購入するようにしましょう。

予防2:足に馴染むまで絆創膏で対処する
ぴったりのサイズに出会ったとしても、最初のうちはどうしても、部分的に強くあたってしまうこともあります。その場合は、馴染むまで絆創膏をはったり、ワセリンなどのクリームを塗ったりして、ヒフを保護しておくことで靴擦れを未然に防げるでしょう。

予防3:歩き方を意識
靴底の擦り減りに左右差が見受けられる方は、まずはその事実を知ることが大切です。そして歩行の際、足の着地をまっすぐに意識することで、歩き方の癖が治ることもあります。それでもなかなか改善されない場合、骨盤矯正が有効です。

≪靴が痛くてついついエスカレーターを使っちゃう…≫
1分で簡単チェック!【痩せない生活習慣】診断

【医師からのアドバイス】

靴擦れになりやすい、という方は、まずは原因をきちんと把握し、それに則した対策を実践してみるとよいでしょう。歩き方の癖も、まずは自分自身で把握することから、改善することができます。この機会に、ぜひシューズとともに普段の歩き方にも、目を向けてみてください。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら