出典 https://www.youtube.com

ロンドンの繁華街、多くの人々が行き交うなか街角に立つ一人の女性。意を決したように、彼女は突然、洋服を脱ぎはじめました。何が起こったのか?道行く人々は戸惑いながら通り過ぎていきます。そして、1枚のボード・・

この動画はソーシャルコミュニティ「The Liberators」」によって企画された実験。主人公、彼女の名前はJae Westさん。彼女自身、摂食障害や自尊心で苦しんでいます。そして、多くの人が彼女のように心に闇を抱えている。その人々の気持ちを少しでも共有したいと始まった実験です。

実験の内容は?下着姿で街角に立った彼女が感じた不安、恐怖とは?そして、この実験の結末は?

街中で洋服を脱ぎ、目隠しをして立つJae Westさん。

出典 https://www.youtube.com

1枚のボード・・・

出典 https://www.youtube.com

彼女の足下に立てられた1枚のボードには「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」と書かれてます。

いったい、何人の人々が彼女のメッセージを受け取り、ありのままを受け入れてくれるのか?

出典 https://www.youtube.com

洋服を脱ぎ、ボードを立て、目隠しをして佇むJae Westさん。この時の心境を「大気をかき混ぜたような混乱に襲われ、ただただ、失敗に終わる。嘲笑される下着姿の私。最悪のシナリオが頭の中をよぎった」とコメント。

日曜日のランチタイム、ピカデリーサーカス。無数の人々のおしゃべりが聞こえてくる。それがすべて自分に向いているような、恐怖感が襲ってくる。下着姿になった私は、どうしようもない脆さから、自分自身を救い出す術がなかった。自由への船出のためとは言え、まったく個人的な理由から、観光客や休日を楽しむ家族に、私の下着姿が不快に思われないか…そればかりを心配していたのかもしれない。

出典 https://inspiralight.wordpress.com

まるで数分が永遠のように感じた。普通、こういった社会実験の場合、数人がさくらとなって、見物人の中に紛れ込むもの。でも、それはテレビの中だけの世界だということを私は知っている。「与えられた身体に感謝し、自分自身を愛し好きになること」それがどんなに大切なことなのかを、小さい頃、父からよく言い聞かされていた。もし、私の身体がハートで満たされたなら、そのとき、きっとこの世界で多くの人が抱えている同じ悩みをもっと深く理解できるはず。私たちは子供の頃からみんな、とっても個性的でキレイだってことを。そしたら、もっと世界は違って見えるはずだ。

出典 https://inspiralight.wordpress.com

一人の女性が彼女の元へ走りよると・・・

出典 https://www.youtube.com

彼女の右腕に♡マークを描き始めました。

突然、左手のペンが私の指先からすっと抜けていくのを感じた。肌をなぞるフェルトペンの感触を、一生忘れることはないだろう。これまでに感じたこともないような、深い愛情が全身に満ちていくのを感じた。ただ、涙が止めどなく溢れて。

出典 https://inspiralight.wordpress.com

そして、次々と人が集まり

出典 https://www.youtube.com

出典 https://www.youtube.com

彼女の身体は♡マークで埋め尽くされていきます。

誰が最初に描いてくれたのか知る由もない。だけど、本当に感謝してもしきれない気持ち。だって、その人の行動がまるで人々を解き放ったみたいに、次から次に両手のペンが離れては戻り、私の全身は愛で包み込まれていったのだから。

出典 https://inspiralight.wordpress.com

出典 https://www.youtube.com

実験が終わり洋服を着た彼女とハグをかわしてるのは、一部始終を側で見守っていた警官。彼女の勇気ある行動を称えたそうです。

Girl Undresses in Public for Courageous Cause

出典 YouTube

この動画は公開から10日で300万回を超える再生回数を記録。心に闇を抱える人々の気持ちを共有したいという彼女の勇気ある行動に世界中が共感し感動しています。彼女自身、この実験の中で大きな不安・恐怖・喜び・感動を経験しました。

目隠しをすることで、誰が♡マークを描いてくれたのか分からない。そう、肌の色、人種、考え方、何もかもを超え愛と人間性という大きな括りで繋がり合った実験は大成功といっても良いんではないでしょうか?自分が街中で下着姿になって立つと想像したら、できないかもしれません。彼女の勇気には脱帽です。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス