銀座や六本木のクラブ、それにバーなどで必ず出てくるウィスキー。
わたしは、10年近くホステスをしていますが、ちょうど5年前、サントリーを担当する代理店の方から美味しいウィスキーの水割りの作り方を教えてもらったのでご紹介します

“知らないとクライアントに失礼”

出典 http://gigaplus.makeshop.jp

まず、わたしはこれまで下記のようにウィスキーの水割りを作っていました。
みなさんもこうやって作っていませんか?

①グラスに氷をいっぱいに入れる

②マドラーでかき混ぜる

③氷が溶けた分、氷を足す

④ウィスキーを指1本分(濃いめと指示があれば指2本分)入れる

⑤水を入れる

⑥マドラーでかき混ぜる

完成!!!

が、しかしこれでは不十分であるとのこと。

お客様が教えてくださったウィスキーの水割りの作り方はこちら。
パッと見ただけでは分かりませんが、この1つの作業を加えるだけで本当に味が変わります。

①グラスに氷をいっぱいに入れる

②マドラーでかき混ぜる

③氷がとけた分、氷を足す

④ウィスキーを指1本分(濃いめと指示があれば指2本分)入れる

⑤マドラーでかき混ぜる

⑥水を入れる

⑦マドラーでかき混ぜる

そうです。ウィスキーを入れたあと、かき混ぜるのです!

水を加える前に、混ぜずに作った水割りと混ぜて作った水割り。
全然味が違います!!!

騙されたと思って1度、味を比べてみてください。

そしてその作り方、サントリーのHPでも紹介されています。

ウィスキーの美味しい飲み方(水割り)

出典 http://www.suntory.co.jp

ちなみに・・・ハイボールでも

ウィスキーの美味しい飲み方(ハイボール)

出典 http://www.suntory.co.jp

ハイボールは、
水を加える前に混ぜるほか、炭酸ガスが抜けないように
最後は、マドラーでタテに1回だけ混ぜるのがポイントです。

同じ量のウィスキーでも、この方法だと味がまろやかになります。

参考になりましたか?それとも知っていましたか?

やったことがない人は是非試してみてください^^

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス