更年期に差し掛かった女性が多く発症する更年期障害。昔は原因が究明されておらず発症してしまった人が肩身の狭い思いもしました。しかし、現在ではその原因や治療法が研究されており、女性特有の病気として広く認知されています。

更年期障害はどんな症状が出るの?

だるい・疲れやすい のぼせ・ほてり・多汗 手足の冷え
腰痛・肩こり・頭痛 めまい・たちくらみ・耳鳴り・動悸
手足のしびれ・関節の痛み・からだのかゆみ・肌や目・口の乾燥 イライラ・不安感 不眠 尿トラブル

出典 http://www.kobayashi.co.jp

だるさや疲れやすい、のぼせるなどはよくきく更年期障害の症状ですね。イライラやうつに似た症状が出る人もいるようです。

更年期障害の原因とは

エストロゲンの減少などによる自律神経の乱れが更年期障害の原因
●更年期と閉経の時期年齢によって女性ホルモンの分泌量は変化します。エストロゲンの分泌量は、18~40歳ぐらいの間が最も多く、40歳ごろから減り始め、閉経の前後で急激に減少します。

出典 http://www.daiichisankyo-hc.co.jp

女性の場合閉経前後の10年間の、45歳から55歳の間に発症すると言われています。閉経によって減ってしまう女性ホルモン「エストロゲン」の減少が深く関わっています。

更年期障害かどうかを調べる検査ってあるの?

まず、月経の状態をはじめ、いつからどんな症状に悩まされているか、過去や現在の病歴、ストレスを招く環境などを詳しく問診。更年期障害が疑われる場合、血中ホルモン量の検査をします。

出典 https://www.selfdoctor.net

まずは問診からスタートします。

次に婦人科検診を行い、内診で腟の様子(潤い)、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫の有無を調べ、細胞診などで子宮がん(頸がん、体がん)のチェックをします。

出典 https://www.selfdoctor.net

女性の場合血液検査だけではなく、女性器の検査も行うようですね。何かと敬遠しがちですが、すべての検査を受けていた方が、身体の状態をきちんと把握できることになります。

更年期障害の治療には種類がある!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

薬や漢方など、更年期障害の治療法にはいくつかの種類があります。続いてはそちらをみていきましょう。

ホルモン補充治療HRT

HRTは、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。
また、子宮を有する場合には、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。保険適用で、自己負担も少なく、更年期障害の根本的な治療法としてもっとも期待されてます。

出典 http://www.hisamitsu.co.jp

のぼせや発汗などの症状に効果があります。しかし長期にわたって使用すると、乳がん発症のリスクが少し高まってしまいます。

漢方薬による治療

漢方では患者さんの症状に目を向け、状態を観察し、そこから“気”“血”“水”という生体エネルギーの状態やその失調を見極め、そのバランスを整えることを考えます。

出典 http://www.akashi-clinic.com

漢方は副作用が少なく、上記のHRT治療が受けられない場合や、併用して使うことができるため、比較的患者さんが取り入れやすい治療だと思います。しかし、直接的に治すのではなく身体のバランスを整える意味合いが大きいようです。

抗うつ薬による治療

更年期の女性はうつに悩んでいる方がとても多いと言われています。その改善方法として、抗うつ薬が効果的と言われています。抗うつ薬はうつや不安な気持ちを和らげる効果があるとして使われている治療方法ですが、ホルモン治療が無効な場合などにも、この抗うつ薬が使用される場合があります。うつの症状が深刻な場合は、抗うつ薬と一緒にカウンセラーなどを利用すると良いでしょう。

出典 http://www.kounenki-josei.com

うつを併発する場合が多いため、抗うつ剤を使った治療も行われるということのようです。

男性も発症する更年期障害

更年期障害は更年期を迎えた女性に多く発症するイメージですが、実は男性も同じように男性ホルモン「テストステロン」が低下してしまう40代後半に同様の症状が表れることがあるそうです。男女ともホルモンの減少が更年期障害に関連してくるんですね。

肉体的症状の例
並べるように挙げていれば、疲れやダルさや肥満、肩こりや間接の痛み、異常な発汗や手足のしびれ、めまいや頭痛など、肉体的と一言でいっても、その症状は実に様々です。

出典 http://www.fwsymposium.org

めまいや異常な発汗など女性と似たような症状が見られますね。しかし男性は女性の閉経のような急激なホルモン低下がありませんので、更年期障害だと気づかない人も多いようです。また、うつに似たような症状が出る場合もあります。

EDや性欲減退、「性」に関わる更年期障害の症状
陰茎の勃起に関わる一酸化窒素(NO)とも関係が深く、その減退はすなわちEDや「朝立ち」の消失、性欲の減退、頻尿とも直結するのです。

出典 http://menshealth-md.com

男性の場合は性欲や精力の減退とも密接なのですね。

男性の更年期障害治療法

男性も女性と同じように、漢方の処方が効果的です。また男性ホルモン補充療法やED治療薬を行っているクリニックもあります。

自分で判断せず専門家に相談しよう!

子育てをひと段落して、ホッとした時に現れてしまう更年期障害。見た目に大きな症状が出ない病気は、周りの人に理解してもらえず辛いですよね。専門家に話を聞いてもらうだけでも楽になり、あなたにあった治療法を提供してくれます。私ってもしかして…と思ったら、適切な治療を受けて改善しましょう!

この記事を書いたユーザー

めがーぬ このユーザーの他の記事を見る

日々、豆知識やためになる情報をチェックして記事にしていきます。

権利侵害申告はこちら