誰もが振り返るような美しい美脚にあこがれる。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

こんな風に思ったあなたは、ぜひ記事をご覧ください。

定番の美脚ケア方法はもちろんですが、体質別やそのほかの情報もご紹介していきます。

大前提:骨格や体質ごとに目指すべき美脚が変わってきます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お写真はヴィクトリアンシークレットのトップモデル:エンジェルズの方々のお写真。皆さん背が高く、手足が長く細いですが、「骨格」が違うことにお気づきでしょうか。

骨太、骨が細い、筋肉太り、筋肉がつきづらいという個人差のほか、お肉が付きやすい場所も人によって異なります。私たちが目指すべき「美脚」は一言で言っても、最終的なゴールはそれぞれに違っています。

脚の特徴はおおきく分けると3タイプあります。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1,水太りタイプ

2,筋肉太りタイプ

3,脂肪太りタイプ

この3つに分けることが出来ます。続いて、各タイプの特徴と効果的な脚やせについてお話をします。

水太り。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

もっとも多いのが水太り!

夕方になり、脚が太くなり靴がきつくなったり、脚にダルイような痛みを感じるようであれば、 これが水太りの症状でしょう。『水太り』は約7割の女性が悩んでいるといわれています。 男に比べ筋肉が無く、リンパの流れが滞りやすいのが、原因です。(リンパの流れが滞りやすいと、老廃物がそこに溜まりが水太りの原因になります。)デスクワ-クなどの筋肉を使ってないとこのような状態になり易くなります。頻繁に脚を組み替える などして、少しでも脚を動かすよう心がけましょう。

出典 http://miyabi.com

水太りの脚痩せ対策!

もともと、血行不良が原因なので、血行をよくすることが改善の早道。 筋肉にそって、軽いマッサ-ジをしたりリンパの流れる膝の内側をマッサ-ジするなどしてください。 また、血行を悪くしてい原因に、筋肉を使ってないということが上げられます。 歩くなどして、筋肉を使うことを心がけてください。 お風呂での水シャワ-も有効な手段です。試してみては...

出典 http://miyabi.com

筋肉太り。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

見た目は筋肉実は脂肪このパタン-ンが筋肉太り!

スポ-ツを辞めても、食べる量は変わらない。これが筋肉太りになる自分で思っているより結構脂肪の量が多いんです。 脚に力を入れなくても硬かったり、見た目の割に力が無かったりする人はほぼ筋肉太りだと思って間違いないと思います。

出典 http://miyabi.com

筋肉太りの脚痩せ対策!筋肉質なままの太い足、この上運動までしたら...と危惧するところだが 運動するのが、一番です。筋肉は使わないとどんどん萎縮してしまいます。 ほうっておくと、代謝が下がり脂肪が燃えにくくなってしまいます。こうならない様に注意しましょう。 ジョギングなどの過激なスポ-ツなどよりは、ストレッチやウォ-キングなどの比較的 緩やかなスポ-ツなどの方が筋肉太りのサイズダウンには、効果的のようです。

出典 http://miyabi.com

脂肪太り。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

脂肪太りは、脚のメリハリがない!

脚の中で最も脂肪が付きやすいのが太ももの裏側。筋肉が多い分脂肪もつきやすくなるわけ。 しかも、この太ももに脂肪が多く付いている人は、全身の体脂肪率が高い人が比較的多いようです。 『脂肪太り』の原因は、摂取カロリ-のオ-バ-が1番に上げられる。つまり食べ過ぎです。 消費カロリ-が少ない人もいるので、運動不足にも気をつけて!。

出典 http://miyabi.com

脂肪太りの脚痩せ対策!摂取カロリ-のオ-バ-が1番に上げられるこの『脂肪太り』 当然対策は、食べ過ぎに注意すること。そして適度な運動を心がけること大きなポイントはこの2つ さらに、硬くなった脂肪を柔らかくするために、マッサ-ジやストレッチをすれは、効果UPにつながります。 

ただ食べないだけでいると、筋肉が衰えかえって体脂肪率の上昇を招くおそれがあります。 前記述でも述べましたが脂肪は、太ももの裏側に付きやすくここを集中的にフィットネスする方法として、 スクワットなどの太ももを動かす運動が良い。 筋肉がつけば、代謝があがるため脂肪が燃えやすくなります。

出典 http://miyabi.com

年齢にあった美脚をめざしましょう。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

若いころと同じ体重・体脂肪を維持していたとしても、特に肉質やボディラインの変化は誰もが感じることではないでしょうか。10代のような美脚を50代の方が目指すのは不自然です。毎日丁寧にボディケアをして、年齢から逃げるのではなく、その年代でできる最大限の美脚・美をめざしましょう。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら