記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

気になるぽっこりお腹
くびれのないウエスト

世の男性は、そんな女性の身体に関して一体どのように思っているのでしょうか? アンケートサイト「みんなの声」により集計された結果を見てみましょう。

【彼女にもう少しダイエットしてほしいところは?】

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

この結果の真意について、医師に聞いてみました。

Q1 おなかやせの効率的なダイエット方法を教えてください。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

おなかに脂肪が付いた場合、そこの筋肉を積極的に使うことで、痩せることがあります。具体的には、いわゆる腹筋運動が効果的です。ただ、寝た姿勢から完全に起き上がるような腹筋運動は腰を痛めますので、角度として10-15度くらい持ち上がる位で十分です

また、姿勢が悪いとおなかが太っているように見えたり、老廃物が排出しにくくなり、太りやすくなってしまいます。ですので、姿勢を良くすること、背筋を鍛えることも効果的です。背筋を鍛えるには、うつぶせで寝て、頭を持ち上げる背筋運動が効果的です。難しければ、手で足を持っても構いません。

Q2 女性と男性の脂肪のつきかたの違いについて教えてください。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

女性は、女性ホルモンのため、男性に比べて元々皮下脂肪が厚い構造になっています。男性は、その分筋肉が有り、脂肪は薄いです。これはホルモンによるものですので、必要以上にダイエットすることは危険です。

Q3 おなかに脂肪がつきやすくなる人の特徴を教えてください。

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

下記などが、おなかに脂肪がつきやすくなる人の特徴です。

・腹筋が弱い

・姿勢が悪い

おなかに脂肪が付きやすくなります。同じ脂肪が付いても、しっかり支えられないため、おなかが出て見えます。


≪なかなか痩せれない…それ生活習慣が原因かも!?≫
1分でできる【痩せない生活習慣】チェック

Q4 おなかに脂肪がつきにくいよう、日頃から気をつけるべきことを教えてください。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

まずは食事。脂分の多いものは特に夕食には控えましょう。揚げ物や脂物は、昼食として取るようにし、摂取しすぎないよう量には十分注意してください。

ビールなどのアルコールも注意です。最近は、カロリーを抑えたアルコール飲料も出ていますが、それだけでなくおつまみで取るカロリーや脂質も要注意です。

そして運動。息が上がりすぎない程度の有酸素運動を毎日行いましょう。その際には、先ほどご説明した筋肉のトレーニングも併用するとより効果的です。

医師から最後に一言

おなかの脂肪は、いろいろな原因がありますが、一旦ついてしまうとなかなか取るのが難しいことです。上記のポイントを普段から意識して、必要以上の脂肪がつかないように心がけましょう。


※参照:彼女にもう少しダイエットしてほしいところ

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス