維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は27日午後の記者会見で、「国政政党から離れ、大阪の地方政治に軸足を移す」と述べ、同党離党を正式に表明した。
 同日は、松井一郎顧問(大阪府知事)も離党を表明。柿沢未途幹事長の地方選挙への対応をめぐる対立は党の「創業者」である橋下氏らの離脱に発展し、維新の内紛は深刻な局面を迎えた。
 柿沢氏は、9月13日投開票の山形市長選で、党の地元組織が反対している中、野党系候補の応援のため現地入り。これを松井氏らが問題視し、辞任を迫っていた。橋下、松井両氏の離党表明を受けて維新は27日、両院議員総会を国会内で開き、両氏の離党を事実上了承する一方、柿沢氏については続投を決めた。 

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ついに維新の党から家主橋下徹氏が離脱する運びとなった。
以前に私の書いた記事でこのように記載しているのを思い出して欲しい。

江田憲司はなぜ戦犯なのか?
思い出して欲しい、この男が何をしたのか・・・。まずは、みんなの党を飛び出し、分党したいとわがままを言い、それが通らないからといってみんなの党の秘密である渡辺氏の貸付金をパトロンに暴露させる。これにより、渡辺喜美氏が失脚、みんなの党を消滅に追い込んだ。そして、その後当時の日本維新の会に近づき、橋下氏に取り入り、自分の意見を押し通し、保守派である石原グループを追い出し、自分がまんまとそのポジションに入り込み、いつのまにやら維新の党の代表へ、これにより、実務派の石原グループがいなくなった維新の党は橋下氏の暴走を許し、在日特権を許さない市民の会(以下在特会)を攻撃した結果在特会会長桜井誠氏と無意味な会談をして、橋下氏は支持を失っていくこととなる。維新の看板を失い、次世代という看板が浸透する前に選挙を戦う羽目になってしまった次世代の党もまた、多くの議席を失った。第三極の2枚看板と言ってもいい2つの党、みんなの党をぶっ壊し、日本維新の会を分断し弱体化させた。その張本人は江田憲司この人なのである。

出典 http://spotlight-media.jp

みんなの党をぶっ壊し、次世代の党を壊滅に追い込み、そして、今維新の党(旧日本維新の会)から創設者橋下徹氏を追い出したのである。

みんなの党をぶっ壊した時に似ているのではないだろうか?

今回は江田憲司氏ではなく柿沢未途氏だろ?という方のために

柿沢未途氏は江田憲司氏の側近中の側近と言っても過言ではない男である。
みんなの党時代から側近といわれ、みんなの党で江田氏が幹事長を解任された際に一緒に政調会長代理を解任されている。
そして、結いの党では、政策調査会長として日本維新の会との合流の交渉に当たる。

更に維新の党になってからも行動を共にしているのである。

ここからは推測になってしまうが、江田憲司氏は今回の原因となった応援を止めなかったということであろう。ヘタをすれば江田憲司の橋下氏を外すための策略だったかもしれない。

維新の党大阪系は怒っている

今回の騒動で大阪系の維新の党議員はかなり怒っていると聞く。
この状況でこの二人の離脱の場合前々から話しのある関西維新の会が創立される可能性も高いのではないだろうか…?


そうなった場合かなり大人数の維新の党の議員は抜けるだろう。

さらば!?

笑顔ではないにせよ、橋下徹氏は維新を去る。

この人に関してはかなり問題もあるが、ある意味政界を動かした男である。

このまま消えてもらいたい気もするし、もう少し見てみたい気もする。
複雑な気持ちではあるが、「必要悪」という言葉が彼には似合うのかもしれない。

江田憲司氏はみんなの党、日本維新の会、次世代の党、維新の党を破壊し続けた。
今後何を壊すのだろうか?まるで新世代の小沢一郎氏である。
プチ小沢、プチ壊し屋というべきだろうか?
しかし、そろそろ本家もびっくりの壊し屋になりつつあるのかもしれない。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら