出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
気にすると更に気になる「抜け毛」。実際にDoctors Meに寄せられた相談にも以下の相談がありました。

■相談者(23歳/男性)

まだ20代なのですが、抜け毛が目立ってきたように感じます。若くて禿げるのは、としをとってから禿げるのと何か違うのでしょうか?

出典 https://doctors-me.com

このように、「抜け毛」に関する悩みはつきませんよね。
そこで今回は、この悩みに関して医師にお答えいただきました!

■ なぜ、抜けてもまた生えてくるの? 髪の毛の不思議

髪の毛は「成長期」「退行期」を繰り返しています。
そのため、時期によって抜け毛の増減があることことは決して不思議なことではないのです。そんな毛髪のメカニズムを詳しくみていきましょう。

■ そもそも、なぜ髪の毛は抜けるのか

出典 http://www.gettyimages.co.jp

髪の毛はケラチンという物質からできており、毛の根元で細胞分裂を繰り返し、やがて成長が止まると、自然と抜け落ちていきます。その期間約4~5年間。他の細胞に比較すると長い一生です。

つまり髪の毛が抜けることは病的なことではありません。

■ 髪の毛は1日にどのくらい抜けるの?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

髪の毛は1日に70本前後抜ける、といわれています。
頭の髪の毛は全体で10万本といわれていますから、1日で全体の0.07%の髪の毛が抜けている計算になります。ところがじつは、生えてくる本数も同じ。つまり、プラスマイナス0。見た目で本数が減ることはないのです。

とはいえ、このサイクルが正常に機能しなくなり、短くなってしまうと、髪の毛が薄く見えてくるので注意が必要。例えば

・刺激の強い整髪料
・不潔にする
・皮脂が溜まる
・ストレスのある不規則な生活
・自律神経の乱れ

…があると毛髪サイクルが短くなります。できるだけ正常な毛髪環境を身に付けるように気をつけましょう。


≪毛が抜けて心配。もしかしたら心がお疲れかも?≫
1分でできる【ココロのお疲れ度】チェック!

■ 毛髪サイクルを正常に保つ3つのケア

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1:頭皮ケア
頭皮を清潔に栄養のある環境を保つことで、毛髪の成長を促すことができます。

2:健康的な生活を送る
過度なストレスや喫煙は毛髪への血流不足を起こすことがあります。十分な休息や睡眠、リラックスが重要。

3:食生活の改善
タンパク質、野菜、鉄分、ミネラルなどバランスのよい摂取が重要。無理なダイエットは注意しましょう。

まとめ

上記のことに気をつけていても、抜け毛が増えてしまう場合、まずは身体的な病気がないかを検査しましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス