あなたは胡椒にダイエット効果がある事を知っていますか?胡椒ダイエットについてのやり方や効果的な成分、使い方の注意点、おすすめの料理などをまとめました。

胡椒とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

胡椒はインドを原産地としているコショウ科コショウ属のつる性植物の果実です。現在では、東南アジアで主に栽培されています。
胡椒には、独特な辛味と香りを持ち、古代~中世ヨーロッパではその抗菌作用や防腐作用食品の保存性を高めることから珍重され、貨幣として使用されていました。
現在でも4大スパイス(胡椒、ナツメグ、クローブ、シナモン)の一つとして、料理に欠かせない存在となっています。

胡椒の種類

胡椒は収穫のタイミングや乾燥方法の違いなどにより数種類に分けられています。

黒胡椒(ブラックペッパー)

完全に熟す前の実を乾燥させたもの。表面にはシワが寄っている。強い辛みと野生的な風味が特徴的で、特に牛肉や豚肉など肉料理と好相性。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

白胡椒(ホワイトペッパー)

胡椒の実が赤く熟してから収穫する。実を水に浸し皮を柔らかくして取り除き、乾燥させたもの。上品な香りが特徴で、魚や鶏肉、ホワイトソースやスープなどの色の淡い素材との相性が良い。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

青胡椒(グリーンペッパー)

完全に熟す前の実を収穫し、塩漬けにするか短時間で乾燥させたもの。爽やかな特徴のある辛みがあり、肉料理や魚料理との相性が良いとされている。『グリーンペッパー』とも呼ばれることもあるが、これは海外ではピーマンを指す場合もある。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

赤胡椒(ピンクペッパー)

ピンクペッパーとひとまとめに呼ばれることが多いが、いくつかの種類がある。一つは他の胡椒と同じ実で、赤く完熟してから収穫し乾燥させたもの。白胡椒と異なり、赤胡椒は外皮を取り除かない。二つ目は南アメリカ原産の「コショウボク」の実だ。日本でピンクペッパーとして使われているものは、ほとんどがこちら。辛みはなく、甘い独特の香りがある。三つ目は西洋ナナカマドの実を酢漬けにしたり、乾燥させたもの。原産地はヨーロッパからシベリア辺りで、 辛みはなく酸味と苦みがあり、肉料理に使われる。ちなみにレッドペッパーは唐辛子のこと。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

胡椒のダイエット効果

胡椒の辛み成分「ピペリン」

コショウの辛味には「ピペリン」という成分が含まれおり、特に、黒コショウに最も多く含まれているそうです。この成分に、抗菌作用、防腐作用などがあるほか、健康やダイエット面にもメリットがあるのだとか。
血管を広げて血液の循環を良くしたり、交感神経を刺激する作用があり、体を温めてエネルギー代謝を促進してくれるのです。代謝をアップさせることは、ヤセ体質になるための必須条件であるので、とても重要なポイントであるでしょう。

出典 http://news.livedoor.com

唐辛子に含まれる辛み成分「カプサイシン」と同じように胡椒に含まれる辛み成分「ピペリン」も同じような効果があるようです。

香り成分「モノテルペン」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

胡椒に含まれる香り成分「モノテルペン」にもダイエット効果があります。胡椒のアロマ効果により血行促進や脳を活性化させる作用が促せるようです。

消化吸収を高める効果

インドのアーユルヴェーダでは、消化の良くない食べ物には黒胡椒をかけることが提唱されているように、ピペリンには食欲増進効果があるほか、唾液や胃液、消化酵素の分泌を促し消化吸収を高める働きがある。また他の栄養素の吸収を高める作用もあると考えられている。反対に消化が良くないと胃腸の負担が増え、エネルギー代謝が落ちてしまう。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

低糖質ダイエットなどで消化しにくいものなどを好んで食べる人に特に胡椒と一緒に食事を取ることをおすすめしています。これにより長時間かけて消化されるものが短時間で消化できるようになるためより低糖質ダイエットの効果が期待できるようになるようです。

胡椒ダイエットのやり方

胡椒ダイエットのやり方は簡単です。料理に胡椒を使うだけです。料理中にかけても食事中にかけても大丈夫、少量使うだけでも効果があると言われています。

胡椒ダイエットの注意点

胡椒の摂り過ぎに注意

胡椒が好きな人はついつい沢山かけてしまいがちですが、胡椒も唐辛子同様の刺激物です。傷口などの炎症部分がある人にはやはり刺激が強すぎてしまい悪化する可能性もあります。

食べ過ぎに注意

胡椒には消化を促す作用があります。これは一歩間違えれば食べ過ぎにつながってしまいます。胡椒を使った料理はおいしくいっぱい食べてしまいがちですがそこは目測で食べすぎないように心がけることをおすすめします。

胡椒の保存方法

胡椒に含まれる有効成分は、紫外線や熱によって失われやすい成分です。なので、直射日光の当たらない場所に高温じゃない場所に保存がおすすめです。もちろん冷蔵庫保存もOKです。
また、胡椒もコーヒーなどと同じようにホールのまま保存して使用するときにミルなどで挽いて使った方がよりダイエット効果が期待できるらしいです。

私は胡椒や唐辛子などのスパイスが大好きです。もちろんホールで保存しているようにしていましたが、ダイエット効果と消化促進効果があるとは知らなかったです。ほぼ毎食のように何かしらの香辛料を使っていますが太ったり痩せたりします。やはり食べ過ぎているんでしょうね、そりゃ太ります。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら