鎌倉市図書館のあるツイートが話題となっている

26日に更新された鎌倉市図書館の公式Twitterアカウントによるツイートが話題となっています。
8月下旬となり、学校では2学期が開始したばかりですよね。
学校が楽しみな子も居ればそうでない子も居て、
苦悩する子どもたちに対し、図書館にいらっしゃいと呼びかけをしているのです。
そのツイートがこちら。

このツイートを見て、あなたはどう感じますか?

ある調査結果が関係しているとのこと

内閣府の調査から18歳以下の自殺は夏休み明けに集中し、特に2学期が始まる9月1日が多いという調査結果が出ました。
この調査結果を受けてのメッセージの様です。
いじめ被害や不登校の問題を支援するNPO法人などが注意を呼びかけています。
夏休みのように長期休暇中は先生の目が届きにくいですし、
家庭でも子どもの行動や身なりの変化・体調などに気を付けて見守っていただきたいのですが、
見かけだけじゃわからない子どもの心の闇もありますよね。
そんな子どもたちに鎌倉市図書館は寄り添ってくれているのですね。
親や先生・友だちにも相談できないことがあったり、
自分の居場所・行き場所を失っている子どもたちに優しく呼びかけてくれている内容です。

このツイートに対し、ネットの反応は…?

ネットではこのツイートに対して、賛否の声の嵐でした。
小学生はもちろん、中高生や学校教員・心理カウンセラー・保護者たちの間でも大きな反響を及ぼしています。

「解決しよう」「逃げないで」という言葉ではなく、
深く踏み込まず「図書館においで」というシンプルな言葉。
そのままの子どもを受け入れてくれようとする姿勢に多くの人が感動しています。

是非行ってみたい!という方へ

出典 https://lib.city.kamakura.kanagawa.jp

鎌倉市図書館は、神奈川県鎌倉市の公立図書館。
市内5ヶ所に設置されています。
一般貸出の他にも、市民への情報公開や鎌倉に関連する郷土資料の収集など幅広い活動を行っている図書館。

今回、鎌倉市図書館が2学期を目前にした悩みを抱えている子どもたちに向けて発信したツイートが話題となっていますが
普段からも図書館の様子や明るいツイートをされているようです。

鎌倉市図書館のツイートは反響を呼び、多くの方から絶賛の声が届いているようです。

"学校が嫌で自殺を考えてしまうくらいなら逃げ道があったっていい。"
学生の時って、学校生活が全てみたいなもので学校が嫌だと何もかも嫌になってしまうんですよね。
学校に行くのが当たり前、行かなきゃいけないって気持ちもあるけど
こういう逃げ道もあるんだって思うと
もう少し楽な気持ちで生きることが出来るんですよね。

もっともっと多くの方に、この素敵なツイートが届きますように。。

この記事を書いたユーザー

ぷちママ このユーザーの他の記事を見る

3歳の娘の子育てをしている北海道在住の専業主婦です*
役に立つ、最新の情報を配信していきます。
宜しくお願い致します。

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら