宿題代行サービスが話題になっています。夏休みもそろそろ終わりを迎えますが、宿題は終わりましたか?お子さんの宿題はどうですか?今回は、宿題代行サービス利用者の声を中心に、様々な意見をご紹介します。

宿題代行サービスとは?

宿題代行サービスとは、業者さんに依頼して代金を払う代わりに、学校の宿題をやってもらえるというサービスです。TVなどの各メディアで特集が組まれ、話題になっています。

■丸写し代行
 1文字0.8円
■各種ドリル
 1冊:7,000~円
■作文・読書感想文・小論文
 400字(原稿用紙 1枚あたり):2,500円
■ポスター・イラスト
 作品 1枚:18,000円
■工作代行
 立体作品 1つ:7,000円~

出典 http://shukudai9.com

宿題代行サービスを提供している「宿題代行屋Q」さんによると、上記のような価格で、宿題を代行してもらえるようです。(※現在夏休みの依頼は終了)

【Twitter】「こどものためにならない」との声も

辛辣なコメントが並んでおります。そもそも、「お金を払ってまで頼むもんじゃない」という意見が多いようですね。ごもっともです。また、「大人になるための練習としての宿題」という意見も。

【アメブロ】芸能人も賛否両論…尾木ママ、八田亜矢子

・宿題代行に出して先生を騙して、内申をよくする。

なんて卑劣なことは絶対しない


真っ正直に
先生にしかられる


成績も大してよくならない

そして

自分に誠実に
社会的正義を求める優しく強い人になる

うーん…
でも宿題代行、そんなに悪いことなのかな?とも思っているよ。
もちろん、使わないにこしたことはないけど(笑)、
他にやりたいことある子が宿題を人にやってもらっても、
その子の人生なんだしいいんじゃないかな?って。
家庭の事情も人それぞれだし。

教育学者の尾木さんは否定的な意見。一方、東大出身のタレント八田亜矢子さんはやんわり賛成。

まとめ

時代の流れとともに、家庭を取り巻く環境や価値観は常に変化しているもの。とはいえ、世間の声は圧倒的に“反対意見”が多いようです。

一方、「『塾の受験勉強を優先させたいから宿題代行を利用する』という結論を、その親子が話し合って出したのなら、それでいいような気もする。」という賛成意見も。

昔からよく言いいますが「ヨソはヨソ、ウチはウチ」でいいんじゃないですかね。なんにせよ、一定数の需要があるからこそ成り立つサービスなので、利用したい人は利用すればいいんですよ。正直、それ以上でもそれ以下でもない気がしますね。

以上、宿題代行サービスをご紹介しました。

この記事を書いたユーザー

だぶりゅー このユーザーの他の記事を見る

神奈川県在住のアラサー男子。
Amebaみんなの編集局公式ライター。
趣味と実益を兼ねて、鋭意執筆中!
エンタメ、生活情報など。
@kimichanVoice

権利侵害申告はこちら