ベーコン、スモークサーモン、燻製玉子やスモークチーズなどなど。
燻製したレシピって家の外で食べるものだと思っていませんか?

もったいない、もったいない。

実は、ガスコンロを使って自宅で簡単に出来ちゃうんです。
それでは、簡単料理法をご紹介します。

燻製にも種類がある!

始める前に、燻製にもいくつか種類があることを覚えておきましょう。
大きく燻製の種類は3つです。「冷燻」「温燻」「熱燻」です。これらは燻製温度によって分類されていて、燻す温度が低いものから順になっています。

このうち家庭で簡単にできるのは、燻製時間も短くできる「温燻」と「熱燻」です。

それでは必要なものを揃えましょう!

必要なものはこれだけ!

まずは、燻製をするためのアイテムを買います。
ここでは最低限のものを。

燻製するためのポット(鍋)が必要です。
おすすめはこちらの商品。温度計もついて、大きさも邪魔にならないサイズ。

以降、下記のポットで燻製する様子をご紹介します。

香りづけにかかせないチップも選びましょう。

実はチップの種類も様々あるので迷うかもしれないですね。

ここは「さくら」のチップを選ぶのが無難です。
どの食材にも適しているので、はじめての燻製には「さくら」がおすすめです。


まずは○○から!おすすめの素材は?

 燻製するなら絶対やりたい!そんな定番をご紹介♪

 まずはベーコン、ハムを使っていきたいですね。
 市販のものをそのままセットして(水分は拭きとってから)燻製しても全然問題ありません。
 豚肉、鶏肉などもおすすめ。
 塩・こしょう・にんにくなどお好みの調味料と醤油に漬け込んで、その後、冷蔵庫など で乾燥させてから燻しましょう。

 続いては、カマンベールチーズ。
 これは外せないでしょう!市販の下記のようなタイプがおすすめです。

 水気をキッチンペーパーでしっかりと拭きとって、火にかけます。10分ほどで完成するので、家でちょい飲みなんて時には絶対やりたい1品ですね。
 網の上にアルミホイルを置いてから火にかけてくださいね。チーズがとろけて大惨事になります…!
 
 
 続いては自宅で挑戦した燻製を、写真とともにご紹介。
 
 すこし下準備がいるのですが、冷やして殻をむいた「半熟ゆで玉子」をめんつゆに2時間ほどつけておきます。十分に水気を拭きとって網の上にセットします。
 ウインナーは、水分を拭いてセットするだけです。

 あとはガスコンロで、このまま7分ほど中火で加熱して、火を止め3分・・・。

玉子とウインナー(目安10分)

出典著者自宅

 サーモンは5分ほど加熱してたら出来上がります。

サーモン刺身(目安5分)

出典著者自宅

 手間も少なく、定番とも言える素材でした。
 
 豚肉、鶏肉、ハム、ソーセージ、カマンベールチーズ、サーモン、玉子

 おつまみにも、おかずのアクセントにもなるので燻製セットを手に入れたらまずやりたい素材たちでした。

自宅でもっとやってみたよ!

それでは、自宅で燻製してみたものをさらに突っ込んでご紹介します。
すこしひねりが入っている分、おつまみではなく、今夜のおかずとしても活躍してくれます!


まずは、しめさば辛子明太子から。

出典著者自宅

辛子明太子はアルミホイルにのせてから。

出典著者自宅

サワークリームと混ぜ混ぜしたら、パンにつけて召し上がれ!
マヨネーズでも十分美味しいですよ!

続きまして、餃子を。

冷凍でも生でもいいので、スーパーで餃子を買っておきましょう。

焼き餃子も美味しいですが、燻製餃子は、皮と具のからまりあうのがたまりません。
やみつきになりますね。

出典著者自宅

出典著者自宅

テカテカ光沢の燻製餃子の出来上がり!
炊きたての白ご飯と一緒に頬張っちゃいましょう!

さらにこんな使い方もアリです!

たこ焼きの具を燻製しちゃいます。
たこの刺身を買ってきて、まるごと燻製にします。

あとはいつものとおり、たこ焼きを作ります。

出典著者自宅

タコもあらかじめ燻製にしておいたものを使って…。
今夜はタコパッ!!

えっ!これも燻製?おどろき素材は?

燻製ブーム(?)到来ですね!

実は、調味料も燻製出来ちゃうんです。
こちらの商品は大人気で品薄状態のようです。

な、なんと!
デザートとコーヒーも燻製にするお店を発見!

そして極めつけはバターです。

自宅ではおそらく作るのは困難でしょうねぇ…。
ちょっと「カルディ」行ってくる!



というわけでちょっと変わった燻製商品でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまでご紹介したとおり、実は燻製も自宅で簡単に出来るんです。
しかも10分もあれば、ちょっと変わり種メニューも。

ワインが好きな方には、たまらないおつまみになります。
食卓に変化をつけたいなぁと思っている方も。

ぜひ自宅で燻製に挑戦してみてください!

この記事を書いたユーザー

わとすん君 このユーザーの他の記事を見る

岡山県笠岡市出身。広島市在住。
Kindleで出版したり、喫茶店で働いたり。

書評中心のブログ「20charge」http://ameblo.jp/juggernautdabi/ 執筆。
Kindle「絶対に頭を下げたくない人のための営業方法」「ざっくり理解する給与明細書の読み方」「タスク計測ツールTogglの取説」など。

権利侵害申告はこちら