うちには3人のちびっ子達がいます。愛情はそれぞれに平等に注いでいるつもりですが、1日24時間、その半分近くは睡眠。部屋も片付けたいし、洗濯もしたい、買い物に行ってごはんも作らないといけないし、そこに、長男の幼稚園の準備や、長女のトイレのお手伝い、次男のオムツ替えやら着替え、たくさんの「あれやってーこれしてー」等々。。。

日々の生活を維持するとなると、やっぱりどうしても1人1人と密に関わったり遊んであげたり、話を聞いてあげたりって時間が少なくなります。そこで、できる限り自然に「特別な時間」を作ることを旦那さんと意識しています。「特別な時間」とはパパ、ママと1対1で過ごす時間のことです。

普段はずっと繋いでいてあげられない手をずっと繋いでお出かけもできます。普段は買ってあげないジュースを買ってゆっくり飲むこともできます。普段はじっくりできない話も目と目を合わせてすることができます。子どもにとって「特別な時間」である以上に親にとってもすごく幸せな時間になります。

本当は毎日こうしてあげたいと思うけど、なかなかできないから…当たり前のことかもしれないけど、うちでは「特別」になってしまう⤵︎だけど、子ども達はすっごく喜んでくれるんですよね♡パパが行くかママが行くかは、その時々、子どもの様子で決めたりもします。

例えば、ある日の長男の特別はパパとプールへ行き思いっきり遊び、帰りにジュースを買ってもらって帰宅するというものでした。するとジュースを3本選んだというのです。お留守番の妹、弟へのお土産でした!

先日は、夜に長男の咳止めを買いに私と娘で近くの薬局に行くことになりました。そして旦那さんの計らいで、スタバでホットチョコレートを飲んで帰ることに!娘にとっては夜のお出かけにチョコレートなんてすごく特別です!大喜びでいつにも増して素直で可愛い♡最後の何口かを残して「これは長男くんにあげるんだ♩」とお持ち帰りしたのでした。

ちゃんとお留守番のきょうだいを思いやってくれるのは、親としても嬉しく誇らしいのですが、最近はみんなでお出かけしてもお互いに対し「お土産買っていく」と言い出す面白い兄妹です。笑

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら