出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
シミひとつない真っ白な肌は女性の憧れですよね。
「色の白いは七難かくす」のことわざのとおり、陶器のような滑らかな白肌さえあればそれだけで「キレイなひと」という印象を与えることが出来るでしょう。

今回は、白い肌を手に入れるための3つのステップと重要な栄養素をご紹介します。

美白のための3つのステップ!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1.紫外線を避ける
シミやくすみの一番の原因は肌への紫外線によるダメージですから、外出の際は、つばの広い帽子日傘、長手袋などで出来るだけ肌を露出しないようにし、こまめに日焼け止めを塗ることです。
手を洗ったり汗をかいたりしたときは、必ずきちんと塗りなおすこと。これで、かなりの美白効果が期待できます。

2.メラニンを作らせない
肌を黒ずませるメラニンを生成する過程で、チロシナーゼという酵素が働くのですが、この酵素の働きを阻害することでメラニンを作らせないようにする成分があります。
代表的なものにはコウジ酸やアルブミン、L-システイン、トラネキサム酸などで、これらの成分が含まれる化粧水などを利用することも美白に効果があると考えられます。

3.新陳代謝を促す
洗顔やピーリングで古い角質を落として正常な肌の新陳代謝を促してあげることで、肌に長期間メラニンが沈着しないようにすることも大切です。

美白のために摂取したい栄養素は!?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

体の中から行う美白ケアとして、食事に気を配ることもとても重要です。
くすまないハツラツとしたお肌を保つために、タンパク質ビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質といった栄養素をバランスよく摂取することが大切です。
特に美白に関係が深い栄養素としては次のようなものが挙げられます。

ビタミンC
非常に有名な美白成分で、メラニンの還元作用があります。イチゴレモンなど多くの果物、野菜類に含まれます。

L-システイン
代謝の促進やメラニンの生成を阻害する働きがあります。小麦の胚芽、大豆に含まれます・

アスタキサンチン
強い抗酸化効果とメラニン抑制効果があります。エビ・カニに多く含まれています。

その他、ザクロに多く含まれるエラグ酸なども美白に関係の深い栄養素です。


なかなか痩せれない…それ生活習慣が原因かも!?≫
1分でできる【痩せない生活習慣】チェック

医師からのアドバイス

少し日々の生活を工夫することで、白いお肌に近づくことができます。
紫外線を出来るだけ避け、食生活に気を遣うことで、輝くような白肌を目指しましょう!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス