10色の中からあなたの好きな色を1つ選んでください。

出典 http://corobuzz.com

赤を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

赤は「活力や元気」「行動力」などを表し、これらに憧れがある人は赤い色に惹かれます。赤が好きな人は情熱的でエネルギッシュであろうという気持ちが強く、行動的ですが、感情の動きが激しく、情緒不安定になりがちです。また、強い不満やや怒りなどの感情がネガティブな強いエネルギーとなり、赤を好きにさせることもあります。

出典 http://www.skincare-univ.com

赤が好きな人は自然に皆を引っ張っていくリーダー的存在です。

自己主張が強く、何事にも敢然と立ち向かっていくリーダー的存在。活動的で積極的な反面、感情の起伏が激しく、冷静さを失いがちなところも。また、常に刺激を求め、性的魅力にあふれています。外見的が物静かに見える人でも落ち着いた外見とは裏腹に激しい情熱や欲望を秘めています。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

好き嫌いも激しいので、恋愛でも惚れっぽく冷めやすいようです。

出典 http://motejo.jp

ピンクを選んだ人

出典 http://colorblocks.tumblr.com

ピンク色は「若さ」「美」「女性らしさ」を表します。ピンク色が好きな人は「若々しく美しくありたい」「ロマンチックな日々を過ごしたい」という気持ちが強く、男性でもピンク色が好きな人は、ロマンチストで優しい傾向があります。

出典 http://www.skincare-univ.com

依存心が強く、「愛するより愛されたい」という人が多いそうです。

どんなときでも大きな心で受け止める愛情深い人。世話好きなところもあり、細かな気配りと優しさを漂わせ、本能的に異性を虜にする未知数の魅力を持っています。反面、デリケートで傷つきやすく、また周りにそう思われたいと思っているはず。つねに愛し愛されることを望んでいます。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

繊細な趣味を持ち、花や儚さを持つロマンチックなものに惹かれ、自分自身もそれに近づけようとします。見た目は力強い女性でもピンクを好むのは、それによりバランスを取っているからともいえます。

出典 http://motejo.jp

橙(オレンジ)を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

とても明るいイメージのオレンジ色を好む人は、「明るく活発でありたい」「人気者でいたい」という気持ちが強い人です。サービス精神が旺盛で、人を楽しませることが好きなので、たくさんの人に好かれます。しかし反面、八方美人で孤独に弱いため、「1人でも信念を貫く」ということができず、周囲に流されてしまったり、ドロドロした部分も含めて関わり合うような深い人間関係を築くことが苦手な傾向があります。

出典 http://www.skincare-univ.com

元気なイメージのオレンジは明るい人や親しみやすい人が多いようです。

親しみやすく、家庭的。温かい心の持ち主で、人なつっこく、誰からも愛される人柄。社交的で話上手ですが、少々おっちょこちょいな一面もあります。また、孤独を極端に嫌い、つねに世間の注目を浴びていた、目立ちたがり屋でもあります。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

基本的には明るく愛嬌があるので恋愛も多く人に好かれます。ただ案外デリケートな面も持っており、突然元気がなくなることもありますが、基本的には明るい人です。

出典 http://motejo.jp

黄を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

黄色が好きな人は知的好奇心が旺盛で、新しいものが大好きだと言われています。また、弁舌が爽やかで文書を書くのも得意な人が多く、また人の知的好奇心を刺激する色なので、アメリカでは鉛筆の75%が黄色の柄であるというデータがあります。

出典 http://www.skincare-univ.com

黄色が好きな人は社交的で楽しそうですね。

明るく、話し上手で表現力豊かな人です。好奇心旺盛で、つねに新しいことを求めている個性派。社交的でユーモアのセンスも抜群なので、人の輪の中心にいるタイプです。抜け目のないちゃっかり者でもあり、ときおり移り気で自分勝手な行動をとることも。また、いつも誰かにほめてもらいたいと思っている幼稚さも見られます。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

好奇心が強く、表現が上手いのでユーモアを操り、文才にも恵まれている得なタイプ。ただし、常にまわりに可愛がられたい、褒められていたいというお子様な面が同居しているので、子供っぽいイメージが抜けません。また、恋愛でもほっとかれるとすぐ寂しくなります。

出典 http://motejo.jp

緑を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

緑色は「自然」「平和」「優しさ」などを表し、緑色が好きな人は穏やかさを求める気持ちが強いと言われます。他人に対して細やかに気を使い、仕事では「出る杭にならず、かといって不足がないように」立ち振る舞うので、上からも下からも好かれるでしょう。人に気を使うのはよいことですが、度を過ぎて「頼まれると嫌と言えない」となるとストレスが溜まりますし、他人に利用されてしまうことがあります。時には自分の気持ちを率直に伝えるようにしましょう。

出典 http://www.skincare-univ.com

緑が好きな人は癒し系の性格だそうです。

礼儀正しく、決して人の道を踏み外さない人。謙虚で控えめな常識人ですが、その人の良さから他人に利用されてしまうことも。また、上品で誠実な人柄、洗練された育ちのよさ、社交的な振る舞いとは裏腹に、都会の生活より田舎の暮らしの静寂と平和に憧れる傾向にあります。現実的な考えを持ち、自分の理想を根気良く実現させようと努力する人です。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

人に嫌な思いをさせないので、接客に向いています。洗練された雰囲気と誠実さをもっているので、周囲を安心させ、信頼される努力の人です。

出典 http://motejo.jp

青を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

「知性」「冷静さ」「慎重さ」などを示す紺色や青色が好きな人は、上限関係を重んじ、知的でスマートな自分であろうとします。カッとなることはなく、冷静で落ち着きがあり、責任感が強いため、他人に頼りにされることが多いでしょう。しかし反面、自尊心が強く、見栄っ張りなところがあり、他人を「自分より上か下か」と判断しがちです。それを態度に出してしまうと、裏表のある人だと思われてしまいます。

出典 http://www.skincare-univ.com

冷静で理知的、一つの枠の中で自制できる従順さを持っています。自立心が高く、まじめで努力家、我慢強い上に根気もあるので、その分、いつも自分の考えは正しいと思っていて、人の意見に耳を貸さないところもあるはず。言語や行動、服装に気を使うのもこのタイプの特徴です。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

恋愛でも、着実に信頼できる、標準より少し上のレベルを求める傾向があり、自分でも実践しています。ただし、保守派ですので自分以外の考えを受け入れにくいところがあります。

出典 http://motejo.jp

恋愛では誠実なタイプです。

紫を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

高貴な色と言われる紫が好きな人は、美意識が高く、洗練されたものへの憧れが強い人です。繊細な感受性を持ち、美的センスに自信がある人が多いため、身に着けるものなどはかなりこだわりを持って選ぶ傾向があります。この傾向が強くなると、着ているものや持っているもののセンスが悪い人を「野暮ったい」などと下に見てしまい、「お高くとまっている」「うぬぼれている」「ウンチクがうるさい」などと思われることがあります。

出典 http://www.skincare-univ.com

並外れた天性の才能に恵まれており、感性や直感力に優れ、より高貴で美的なものを求める傾向にあります。神秘的な魅力の持ち主ですが、気位が高く、他人を信用できないところも。つねに周りの注目を浴びていて、それが励みにもなっています。ときに臆病になることもあり、とらえどころのない人です。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

繊細で心身ともに疲れやすいのですが、事実、紫には癒し効果もあります。赤と青は交感神経と副交感神経を刺激する色です。それを内面でバランスしているので自律神経の調整に役立つので、疲れた人が好む色でもあります。

出典 http://motejo.jp

神秘的で上品なオーラをもつ人が多いのが紫です。

茶(ブラウン)を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

ブラウン(茶色)は「安定感」や「落ち着き」、「高級感」を示す色です。この色を好む人は温厚で落ち着きがあり、保守的な考え方の人が多いと言います。親分肌で面倒見がよいので頼りにされるでしょう。落ち着いて堂々としており、安定感がありますが、環境の急激な変化に弱く、自分よりも若い世代の考え方や、伝統のない新しいもの、人でいうと「口が達者だが中身がない人」を軽蔑する傾向があります。

出典 http://www.skincare-univ.com

真面目で穏やか。そのうえしっかりしているあなたの周りには自然と人が集まります。責任感があり、チームワークを作り出す特技を持っているのが特徴。堅実で信用があり、感情に走ることもなく誠実な人柄です。しか少々保守的で、意思を内に秘めて表に出せず、はにかんだところも。しっかり貯金を貯めこんでいるタイプです。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

恋愛には少々疎いようですが、着実な関係を築くことが出来るタイプです。

出典 http://motejo.jp

黒を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

黒は「鋭い感性やセンス」「強さ」「立派さ」などを表しており、これらに憧れがある人は黒を好きになります。また、黒を好きな人は、他人から指示をされたり、束縛されるのを嫌う傾向があります。普段は「一見近寄りがたいけど、仲良くなると良い人」と思われ、狭いけれど深い人間関係を構築します。しかし、自分に自信がない時は、自分の立派さを過度にアピールしようと自慢ばかりしてしまったり、悩みを人に打ち明けられずに抱え込んでしまいがちです。

出典 http://www.skincare-univ.com

意思が強く、少し頑固。いつも情熱を抑えている人。人を動かす才能はあるけれど、明るさと素直さに欠ける面も。独立心に燃えていて、人と関わりあうことを嫌い、自分の世界に閉じこもりがち。周りから神秘的に映ることを望んだり、人に有無を言わせないイメージを与えたいと思っています。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

愛想は良い方ではなく、服も黒ずくめだったりして近寄りがたいのですが、話してみると意志の強さに加え、弱さも併せ持つ、人間的なタイプです。ただ、他の人よりも自分をうまく表現できないため、自分の世界を大切にするようになっていることが多いようです。

出典 http://motejo.jp

黒を好む人は感情をあまり表面に出さないので、クールでおとなしい人と見られることも多いとか…

白を選んだ人

出典 http://www.colorcombos.com

白が好きな人は、「フレッシュでピュア」または「誠実で善良」だとみられたい願望があり、シンプルで無駄がない生活スタイルを好みます。「正しくありたい」という気持ちが強く、自分に厳しく真面目で、誠実であろうとするので、周囲の人から信頼されます。
しかし、この傾向が他者に向いたり、いきすぎると、「堅苦しくて融通が利かない」「口うるさい」「正論ばかり言う」など、人から煙たがられてしまうことがありますので、注意しましょう。

出典 http://www.skincare-univ.com

気高く、つねに完璧を求めて努力するタイプ。孤独な雰囲気を漂わせていますが、人から注目されるのはわりと好き。極めて家庭思いで家庭的な人柄でもあります。また、白が好きという人は失われた青春を取り戻したいと心のどこかで感じているようです。

出典 http://www.aichi-kyosai.or.jp

家族や友人を大切に思い、優しい気持ちで接しています。物欲などは少なく、シンプルに生きることを望みます。汚れに対して敏感なので、正義感が強いタイプでもあります。

出典 http://motejo.jp

この記事を書いたユーザー

☆ラララ☆ このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナ公式ライターの☆ラララ☆です。しまむらやプチプラの記事を中心に執筆してます。Twitter、Facebookでのシェア大歓迎!!拡散お願いします♪
インスタグラム  https://www.instagram.com/lalalala921/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • ゲーム
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス