「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」

出典 http://www.uniqlo.com

近年のユニクロとのコラボにより、彼女が世界的な有名ファッションデザイナーということはご存知でしょう。しかし、彼女がどのような経歴を持つかをご存知ない方も多いのではないしょうか。2015秋冬コレクション販売を目前に彼女のパーソナルな部分を一緒に学びより新作商品を楽しませんか♡

イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès Marie Laetitia Eglantine Isabelle de Seignard de la Fressange、略称Inès de la Fressange、1957年8月11日 - )

出典 https://ja.wikipedia.org

現在58歳。

フランス名門貴族の生まれ。

Licensed by gettyimages ®

フランスヴァール県ガッサンで、フランスの名門貴族の父フレサンジュ伯爵と、アルゼンチン系フランス人でファッションモデルをしていた母の間に生まれる。父方の祖母はユダヤ系アメリカ人で、アメリカの投資銀行ラザードの創業者一族の出身である。

出典 https://ja.wikipedia.org

フランス名門貴族の家庭で育ったとのこと。私たちが想像も出来ぬ、環境でお過ごしだったのですね。

幸せな家庭を持つ女性。

Licensed by gettyimages ®

1990年、イタリアの鉄道会社の役員であるLuigi d’Ursoとタラスコンで結婚。2人の女の子を授かっている。

出典 https://ja.wikipedia.org

お二人の娘さんを持つ家庭と仕事を両立させている女性。ご主人もイタリアの鉄道会社の役員でさぞかし素敵な男性なんだと想像してしまいますね。

CHANELに愛されたスーパーモデル。

出典 http://livedoor.blogimg.jp

1983年からシャネルでカール・ラガーフェルドの「ミューズ」として8年近く活躍した。契約期間中、同メゾンのありとあらゆる広告、PR活動、そして年2回ずつパリで行われるオートクチュール、プレタポルテコレクションの中心に立つ。フランス本国にアメリカ、そして特に日本で彼女をイメージにしたPRは大成功をし、「元祖スーパーモデル」はイネスとも言われる。
1989年に、フランスの象徴である「マリアンヌ」のモデルに選ばれる。専属契約を結んでいたカールは、イネスにマリアンヌのモデルを断るように頼んだが、拒否されたため、シャネル社は裁判を起こし専属契約を解除している。

出典 https://ja.wikipedia.org

彼女はシャネルが手放したくないと裁判を起こす程に惚れ込んだ専属トップモデルだった
ようです。それは当時、彼女がシャネルの世界を完璧に表現出来る女性ということで大変、名誉なことだと思います。

結婚と共に自身のブランド立ち上げて…。

Licensed by gettyimages ®

1990年に自身の名を冠したファッションブランド「イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)」を立ち上げ、パリのモンテーニュ通りにブティックをオープンした。トップメゾンで長く見てきた最高の仕事を、リーズナブルに楽しめる事をコンセプトとしアパレルから雑貨、インテリアまで販売し、アメリカや日本にも進出し成功を博す。パリコレクションにも参加。

出典 https://ja.wikipedia.org

シャネルとの専属解除した翌年に結婚をして自らのブランドをオープンさせます。そこで彼女は敷居を高く構えないことをコンセプトにアパレルを始め、インテリアまでのデザインを担当します。ここからはあくまで私の考えですが、「彼女の幅広い女性にファッションを楽しんでもらいたい」というこの気持ちがのちのユニクロとのコラボに至ったように思えます。

トラブルを抱えるも…。

Licensed by gettyimages ®

1999年に、同ブランドの経営陣に無断でフランス中の薬局で販売するピルケースにブランド名を使用し、解雇となるも不当解雇を訴える裁判では勝訴する。その後、彼女の手から離れたブランドは急速に人気を落とし、新しい経営陣が彼女にカムバックを申し出るが断られる。現在はフランスのみで細々と展開するアパレル部門と香水のみ。

出典 https://ja.wikipedia.org

ブランドの人気が博す中でイネス自身の知らぬところでの経営が始まり、トラブルに見舞われるも裁判で勝訴します。しかし、彼女はブランドから離れることを選び、それと共に経営が傾いてしまい、規模が縮小されてしまったとのこと。これはパリジェンヌたちの信頼と憧れをイネス自身にあるということですよね。

ライフスタイルショップブランドで復帰。

出典 http://column.madamefigaro.jp

彼女はその後、ライフスタイルショップで復帰をします。下記の引用文からして16年振りの復帰とはモデルの活動と共に子育てを優先させていたようにも思えます。

フランス人モデルのイネス・ド・ラ・フレサンジュ(以下イネス)がパリに新店舗をオープンし、16年ぶりに小売り業界に復帰した。ブランド「イネス・ド・ラ・フレサンジュ・パリ」の商品以外にもオリーブオイルや自転車など、自身でセレクトしたアイテムを販売する新店舗をパリのリヴ ゴーシュ地区に開店した。200㎡の同店は鋳物工場を改築したもので、ハンドバッグやシューズ、アイウエア、ジュエリー、スカーフ、ステーショナリーを含むライセンス全商品を初めてそろえる。

出典 http://www.wwdjapan.com

実際のショップの画像を貼りましたが、彩り豊かなアイテムが幅広く揃う「INES DE LA FRESSANGE PARIS」はパリ7区にあるそうです。これはフランス・パリを訪れた際には必ず立ち寄りたい場所のひとつとなりますよね♡

「イネス×ユニクロ・コレクション」

出典 http://www.uniqlo.com

貴族出身で輝かしい世界で生きている女性なのですが、堅実で多くの人に自身のデザインした商品を提供したいという気持ちが強い女性なんだと思われます。それがイネス・ド・ラ・フレサンジュ。そんな彼女だからこそ世界で多くの人に愛されるユニクロとのコラボレーションに至ったのだと思います。女性としての彼女も知りつつ、コラボ商品を楽しむのもいいと思いませんか。

この記事を書いたユーザー

♡miran♡ このユーザーの他の記事を見る

なるべく笑顔でいたいA30・Single女子♡。日常生活にHappy&Funnyをちょい足しすることが得意です♡美容からお財布に優しいお買い物(プチプラ)まで幅広く皆様にお伝え出来ればと思います。ほぼ毎日、個人的なことはAmeba Blogも更新しています。
「みらんのランランルンルン日記」 http://ameblo.jp/open-the-drawer/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • マネー
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス