大英博物館のキィホルダーから。

先日、大英博物館に行って来ました、という生徒さんから、
キィホルダーを頂きました。
裏を見ますと、象形文字が並んでいます。
エジプト文字の研究は、古代ギリシャ語とエジプト語である、
ロゼッタストーンの発見によって一気に進展したと言われています。
象形文字の読み方は、人や動物が左を向いていれば左から、右を向いていれば
右から読んでいくのだそうです。
解読していくと、ますます興味も深まり、又新しい発見があるかも知れません。
珍しいイギリス土産に、思わず心はエジプトへ飛びました。
まさに、ミステリーですね。

この記事を書いたユーザー

parisbrest1 このユーザーの他の記事を見る

パン、天然酵母パン、ケーキ、パスタ、チョコレート菓子の5講座を自宅で開講しております”パリ・ブレスト”です。
コンセプトは、”楽しみながらスキルアップ!”。
1日1度の感動を!が私のライフスタイルです。
小さな感動、大きな感激を発信していけたら・・と思っております。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス