我が家の3兄妹弟は、とっても仲良しです!見ていて微笑ましいくらいに仲良くしてくれて、ありがたい限りです♡

毎日思うのは、長男が優しく穏やかなおかげだなーってことなのですが2人目が生まれるとき、まだ1歳半だった長男にはとっても気を遣って対応していました!赤ちゃん返りをするかもしれない、やきもち焼いて妹にもいじわるしちゃうかもしれない等々考えて、なるべくスキンシップを大事に、まず長男を優先にを心がけていました。

赤ちゃんの気持ちを伝える

長男には大きくなるお腹を触らせて、「(声をかえて)おにいちゃん、早く会いたいよーいっぱい遊んでね、大好きだよー」とお腹の赤ちゃんが言っているように話していました毎日毎日。笑 親の心配には反して赤ちゃんが生まれてからも長男は「赤ちゃんかわいいねー♡」と可愛がってくれていじわるも赤ちゃん返りも全くなくいつも娘にくっついて一緒に遊んでくれました!

娘が泣き出すと、すぐさま走ってきて教えてくれたり「ママ、おっぱいあげて!」と言ってくれたり。私が来るまでの間に泣いてる娘の周りにお人形をたくさん並べていてくれたこともありました。そんな時、まだ話せない娘に向かって「お兄ちゃん優しいねー♡一緒に遊んでくれて嬉しいねー娘ちゃんは長男くんのことが大好きなんだよね」と、長男にも聞こえるように話していました。毎日毎日。

自分を好いてくれる人

そのうち、長男は自分から「妹ちゃんは長男くんのことが大好きなんだよね!」と言うようになりました♡3人目が生まれたときも上の2人には同じように声かけをしてきました。ケンカをしたときも「大好きなのに、だめって言われてかなしかったね」「大好きなんだから、ごめんねしておいで」等『大好き』というフレーズを大事にしています。

だって、「自分ことを大好きと言ってくれる人には優しくしたくなる」と思うからです。そしてその「大好き」な気持ちは夫婦間、親子間、兄弟間、友人間、恋人間でも通用するものです。「大好き」をたくさん注いで、注がれて優しさ溢れる子に育ってほしいなぁと思っています。

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら