発見!ニッポン城めぐりとは?

日本全国3000箇所に設定された城や砦などめぐるスタンプラリー形式の位置ゲームである。

城攻め

ゲームの基本機能。登録された城の近辺で城攻めボタンを押すことでスタンプラリーを進める。対象となる城は北海道から沖縄までなんと3000箇所!

普段通勤に使うような街中から、地方の山奥まで、いたるところに設置されたスタンプにただの移動も楽しい旅に一瞬にして変貌。

城にはそれぞれ細かい情報が載っていたり、自分で撮影した写真を投稿することも可能。城の細かい攻略情報も載っていてとても参考になる。

近所の裏山や公園が遠い昔、権勢を誇った有力者の居城だったなどの意外すぎる発見の連続で住み慣れた街が新鮮に思えたりもする。

スタンプを押せば終わりではない

城を一箇所攻略する、または当日の移動距離に応じて石と両がもらえ、これを使って後述する別のモードで遊ぶことができる。

また、攻略した城数に応じて「官位」が与えられたり、一定の条件を満たすと「異名」がつけられたりと飽きない工夫が満載。ちなみに旧国領内の城をすべて攻略するとその国の「守」に任命される。

さらには、同じ城でスタンプを押した回数を競う「城主」争いというシステムがあり、月間で回数が最多になった人から3位まで順に「城主」「城代」「城番」に任命される。

多彩なミニゲーム

メインのスタンプラリーの他に家臣団コレクション、城アバター、毎日出題されるクイズ、合戦イベントなど、仕事が忙しくてあまり方々に出かけられない人が飽きないための工夫も盛りだくさん。

家臣団コレクション

城攻めや行軍の最中に浪人武将に遭遇することがある。浪人武将は、石で雇い家臣にすることが可能。家臣団クエストというモードでは、家臣に関わる様々なクエストが用意されており、クリアすることで両がもらえるなどの特典がある。

城アバター

獲得した両で様々な城の部品を購入し、自分好みの城を作る機能。パーツの種類はかなり豊富で飽きず、築城を楽しむことができる。

クイズ

毎日1題、戦国時代にまつわるクイズが出題され、正解すると両がもらえる。また連続正解すると異名がつくことがある。

ランキング

攻略した城数のランキングが通算、年間、月間、日間で表示される機能。家臣数のランキングもあり。

実際にこう楽しむ

これだけ、いろんな要素満載のゲームではあるが基本は位置ゲーム。

淡々と移動して、ボタンをクリックして攻略を進めるだけでは全く味気ないし、いつか飽きる。

そんなわけで、個人的には各種のスタンプラリーと並行して遊んでいる。

日本100名城スタンプラリー。

こっちは実際に城址に赴いて、スタンプ帳にスタンプを集めていくタイプ。

完全制覇すると認定状がもらえるらしい。

全国20箇所に指定されたタワーをめぐるスタンプラリー。

公式スタンプ帳を提示するだけで、タワーごとにお土産がもらえる。

指定されたブロックごとにタワーをすべて制覇すると認定証とともに記念品がもらえ、完全制覇するとさらに認定証と別の記念品が贈呈される。

さらには、後日ハガキを送るとタワーグッズの詰め合わせが満載された箱が送られてくる。

そんなとにかくお土産づくしのお得感溢れるスタンプラリー。

場所も当然ながら風光明媚なスポットの連続で十分に楽しめる。

ちなみにこれが完全制覇したときの旅行記。

全国に指定された夜景の名所をめぐるスタンプラリー。

完全な自己申告制で、サイトに登録したあと、自分が生涯に一度でも行ったことのある場所をクリックしてネット上のスタンプ帳に記録していく形式。

一定数攻略すると記念品がもらえるらしい。

旅のついでに道中でスタンプを稼ぐ

こんな感じで城址を見て、タワーからの絶景を楽しみ、夜景の名所に行き、グルメも楽しみ、その道中の移動時間にGPSでとらえた近場の城を攻略するというスタイルをとっている。

当然ながら移動が多い分ゲームの攻略もスムーズだし、本来の目的は別にあるのであきることもない。

個人的にはオススメな楽しみ方である。

魅力いっぱいのこのアプリ。一度試してみてはいかがだろうか。

この記事を書いたユーザー

noel このユーザーの他の記事を見る

休日は旅、空き時間は読書。旅行記と書評をまとめたブログ(http://ameblo.jp/noel-f)もよかったらどうぞ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス