【ぬこ様のための金丸お悩みクリニック】好きなだけ、好きな時間に食う方法は?

Q: 元ノラ猫です。私の飼い主は、ダイエットのためだとかなんとかぬかして少しづつしかメシをよこしません。自分は「おやつ」「脳にエネルギー補給」とかイチイチ理由づけして好きな時間に食ってるくせに、私のときには厳密な2時間管理です。自分も好きな時、好きなだけ食う方法はないでしょうか。
(現家ネコ、ふてくされ中の5歳男性より)

A: 相談者様の外見から察するに、少々メタボ気味なご様子を心配して飼い主の方も食事制限されているのではないかと思います。「食欲のためなら死んでもいいっ!」という桂文珍師匠なみの根性がおありなら、以下の選択肢をオススメします。
1)戸棚を開けるスキルを身につけ、飼い主がいないor寝てるときに盗み食い
2)家に入ってくる虫をタンパク源にし小腹を満たす
3)昭和的金満社長のように別宅を持つ
2は相当量の虫を食べる必要があり、またハエなどの衛生害虫を食してしまったときのリスク(獣医送り)もついてまわります。3はあなたにそれ相応の魅力を必要とするためハードルが高いです。
したがって最も現実的なのは1と言えるでしょう。飼い主に見つかった場合罰則が予想されますが、そのスキル(盗み食いの一部始終)を撮影してもらいyoutube等に投稿してみてはいかがでしょうか。人気動画にでもなれば、あなたも一躍youtuber長者の仲間入りを果たし、自分の稼ぎで好きなだけ「ネコまっしぐらなカルカン生タイプ」食い放題な猫生を送れるかもしれません。ご健闘を祈ります。

この記事を書いたユーザー

金丸 標 このユーザーの他の記事を見る

2014年からトスカーナ州に在住。トスカーナ州はもとより、イタリアの美味珍食を食べ歩くかたわら、日本食と組み合わせた実験料理を作るのがライフワーク。地元の農産物を使い、入手が難しい日本の食べ物を可能な限りオリジナルに近い形で再現するのに最近凝っていて、家族からヒンシュクをかっている。

権利侵害申告はこちら