女の気持ちなんて、母親の気持ちなんて、主婦の気持ちなんて、

男には分からない!!

と、よく思っていたし、女子会でもよく話題に上がり盛り上がる男性に対しての愚痴、愚痴、愚痴。笑

でも、最近、それは違うのかも。いや、むしろお互いさま?
というか、そもそも人間同士、そんなに解り合えるもの??
と思うようになりました。

「わかってない!」っていう気持ちがうまれるのは、
「相手にこうしてほしい、ああ言ってほしい」
という自分の中の要求と願いがあって、それを相手がしてくれなかったり言ってくれなかった時に思う気持ちですよね?

ここで、もし相手の気持ちを考えることができたら、自分の気持ちを変えることができたら少し違ってきませんか??

例えば、自分の欲しかった行動や言葉ではなかったけど、なにかしらやってくれたのなら、それは相手が「自分のことを思ってとってくれた行動や言動」なんですよね。

(そうじゃねーよ!そこじゃねーよ!と思ったとしても笑)
まず「感謝」を伝える。
その後で、「こうしてほしい」と伝えてみるのもいいと思います。

そして、常に心に留めておくといいのが
「相手の気持ちは変えられないけど、自分の気持ちは変えられる」
です。
相手を変えようと躍起になるよりも、自分が変わろうとするほうが楽ということです!
簡単に言えば「自分がこうしてほしい」と思うことを、まず相手にやってあげる。

簡単なようですごく難しいんですけどね!私はこれを「神業」と呼んでいます。笑

でもその行動1つから周りが変わることもあると思うんです♡

自分が優しくされたら、相手にも優しくできる。

実は私がそうでした。

旦那さんが本当に優しくて、私が機嫌悪くても、どれだけ酷いことをいっても、彼は何の文句も言わずに、優しくしてくれるんです。

すると、こちらに申し訳ない気持ちがうまれて(←時間がかかるときもありますが笑)次第に相手にも優しくできるようになるんですよね。

もう完全に旦那さんの勝ちです。笑

でね、4歳になった娘が、未だにイヤイヤ言ってよく私とやり合うんです。笑
「ママ~あれやってーーー!!!」とか、自分でできることなのに、泣き叫んで私にやれと言ってきたり。
私も調理中とかだとイラッとして
「自分でできるでしょー、やってみてー!」となります。娘、余計に怒って泣きます。

すると、長男が黙ってやってあげたりするんです。=͟͟͞͞(๑º ロ º๑)

………負けた。長男の優しさに、娘も私も笑顔になります。
しっかりパパを見てるなって思いますね、こうゆうとき。

優しい人が一番強いんだなって思い知らされます。

まぁ少し話はズレましたが、この「神業」が使えれば、自分も相手もそして周りの人も笑顔になれる時間が少し増えるかもしれませんね♡

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら