パパはおっぱいがないから泣き止ませられない?

ママがいたら、僕が抱いても嫌がります



やっぱりおっぱいないとダメなんでしょ?
ママじゃないと泣きやまない



その前提があるから
子供を抱く時、
パパはある意味不安なのではないですか?
そんな不安は子供にはお見通し(笑)

あなたは
不安がある人に身も心も委ねたりしますか?


しないはず。

子供も1人の人
だから
気持ちは同じ





子がパパの厚い胸板に身を預けて寝るには
パパの覚悟が必要なのだ



覚悟?




パパは、子供にとったら「友達」みたいな感覚の愛着


ママには「生きるために必要なひと」って感覚



子供にとっての日々の生活のサポートは
やはりママがメイン

たくさん抱くし
長い時間一緒にいるから
心も通じやすい


なので優先順位は
ママ〉パパ〉ばあば〉じいじ

これは仕方ないこと
ここに勝ち負けはない

でも、、、
みんな勝ちたがるねー(爆笑)


ベビーは1人では何一つ自分ではできない

毎日毎日体だけではなく
心も頭も理解度も感情も
成長し
徐々に徐々に自分でできるようになる

その中でたくさんの時間を共有するのは?



ママ


たくさんお世話をしてくれるのは?

ママ


babyにとって自分が生きていくために
必要な存在と感じるのは当たり前の話だ



じゃぁパパはその存在になれない?

そんなことはない



ママがいない時babyはパパに存分に甘えてくるよね?





ベビーとラブラブしたいならママを外に出しましょう笑



「たまには美容院でもいっておいでよ」


「友達とカフェにでもいってきてら?」


2時間ぐらいならなんとかなるでしょ?





いや、何とかしましょう
あなたの
子供なんですから!!




パパもベビーと2人だけの時間を持ってみるとママの大変さが
すこしぐらいはわかるかもしれないしね

この記事を書いたユーザー

辻直美 このユーザーの他の記事を見る

育母道 師範
Sling Life アドバイザー協会代表
slingメーカー alma de amma 代表取締役
国際災害レスキューナース(MSF Dーmat JMTDR所属)

大阪府在住
正看護師
元救命救急ナース、災害レスキューを専門とする(吹田市民病院・聖路加国際病院)
現在も救命救急災害レスキューナースとしても活動中(国境なき医師団・JMTDR在籍)
救急についての講演、執筆(著者/エキスパートナース連載、救急初療ケアマニュアル など)

育母道師範 Sling Lifeアドバイザー協会代表として、
定期的なスリングライフ講座や、
スリングをキーワードに『抱く』ということ、
育児の在り方、ママと子供の姿勢についての講演会や講座を全国で開催している。
ママ向けだけでなく、
病院や保育園幼稚園スタッフに向けた講座や
助産師科、看護科、保育科の大学での授業も請け負っている。

〇公式ブログ
http://ameblo.jp/slinglife-love-nao/

権利侵害申告はこちら