出典 http://www.cocoamotors.com

記事提供:まぐまぐニュース!

日本の学生が開発したという「カバンに入るクルマ」がネット界隈で話題を呼んでいます。

世界的エンジニアの中島聡さんにも、「このコンセプトなら投資してもいい」とまで言わしめた未来の車、メルマガ『週刊 Life is beautiful』より一部抜粋してお送りします。

持ち運べるクルマ「WalkCar」

出典 YouTube

これまでこのコーナーでは、主に米国のベンチャー企業の製品ばかりを紹介して来ましたが、これは日本発の素晴らしい製品だと思います。私自身が投資家として支援しても良いと思えるぐらいです。

このセグメントの製品を表す良い言葉が浮かびませんが、Segwayがニーズの発掘に成功し、ホンダがUNI-CUBという形の製品としてようやく市場を立ち上げようとしている矢先に、

まさに「イノベーションのジレンマ」で提示されたような「機能的には劣るけれども圧倒的な安さと手軽さ」を持つ商品が出てしまうところが、まさに(時間が7倍の速度で進む)ドッグイヤーの時代という感です。

ここまで手軽になると、ごく普通の人が「持ち歩いて出先で使う」ことが可能になるため、(手軽な持ち運びが不可能な)SegwayやUNI-CUBと比べると、ターゲットユーザーの数が、数十倍から数百倍になります。

「持ち運べるクルマ」というタグラインがなんとも素晴らしいのは、その一言に「SegwayやUNI-CUBとの違い」が込められている点で、

それだけでこの会社の経営陣が企業経営においてにもっと重要な「どこで差別化するか」をしっかりと意識していることが分かります。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス