少し前までは、
大人がアニメや漫画が好きだと言えば、
小馬鹿にされるような時代だった。

しかし現在、
アニメや漫画が好きという人が溢れ、
誰もが堂々と好きなものを好きと言える時代となっている。

サブカルチャーとはもともと、
メインとなる主流の文化とは違うものであり、
ごく一部の人間が好むもの、一般的ではないものを指していた。

だが、
サブカルチャーを好む人間が多くなったことにより、
もはや【サブカルチャー】が主流と化しているのだ。

さらには
サブカルチャーが好きだと言えば
かっこいいという風潮さえ生まれ、

【サブカルチャーとは一体何か】
という疑問さえ生まれてくる。

しかし、サブカルチャーが主流となれば、
必ず【人とは違うものを好みたい】という意見が生まれ、
正統派であり、主流な文化に流れる人間も増えてくるであろう。

人と違っていたい、特別でいたいという感情が
逆に大衆の意識の大移動と化しているのは日本人らしくもあり、どこか滑稽である。


*※*※*※*※*※

ナオイ・メリィ。

この記事を書いたユーザー

ナオイ・メリィ。 このユーザーの他の記事を見る

▽▼▽ナオイ・メリィ。▽▼▽

閃光リトミックの歌のひと。
作詞作曲メロディメーカー兼、総合プロデューサー。

主にココロの痛みとか辛みとか、トラウマを歌ってます。
ライブでの様子はおかしいですが、精神的にはわりと正常。
でも、厨二病は今でもこじらせ気味。

いつまでも【アーティスト】でありたい。
赤い水玉とひつじとポムポムプリンが好き。

権利侵害申告はこちら