おなじみ大人気!のファッションセンターしまむら。

実は、こだわりの戦略の数々が・・

「売り切れゴメン」戦略

しまむらは、一店舗につき、ワンデザイン、ワンサイズずつ。しかあえておかない。


「売りきれごめん」戦略

こうすることにより洋服を着て歩いていても、「あの服、しまむらのだ~。」と気付かれにくいのだという。かつ、「一点モノ」という優越感でいられるのだという。



私自身、しまむらに行った際に、


「これのMサイズありますかぁ?」


と気に入ったのによくサイズがないことが多いので尋ねるのだが、必ず・・



「ございません」



という返答が・・・



内心・・


「在庫見に行ってないじゃん!見に行くのがめんどうなんでしょう~」


っていつも思っていました(笑)


全商品一点モノなのですね!


出典 http://www.gettyimages.co.jp

気に入ったモノのサイズがいつもないのは一点モノだったとは・・

「エブリデイしまむら」戦略

しまむらは、なんと、


「週に6日」

新しい商品が続々入ってくるとのこと。つまりは、


「明日来たら、また何か新しい商品が入ってる」



普通のショップなら、新商品とやらは1~2週間に一度程度位しか入荷はなく、一度みたらしばらく見に来ないものです・・

しかし、しまむらは毎日入荷、かつ一点モノだから、「行かないと~」って気になってしまうという。


こういった人たちを、

「しまらー。」と呼ぶのだそう。


島ラー油みたいな、、汗

しまらーのはしご

従って、毎日何かしらの新商品が、かつ一点モノなので、「しまらー」はあらゆる「しまむら」をはしごし探し回るという。

しまむらの求人は争奪戦?!

そして、しまむらの求人 について。

こちらの求人はかなりの大人気でときには、競争率は数十倍にまでなるという。

それは、働きやすくバイトでもボーナスが2回出るとか、終了時間も朝10時からなのに、夜は19時や19時30分閉店、東京23区内の店舗はその商業施設等の時間に合わせているのでもう少し遅くまで営業していますが、郊外の単独店舗は早い。営業時間が短い上に3交替制で働きやすいので大人気だという。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

毎回、争奪戦?!

しまむらってやはり人の名前?

しまむら の名前の由来は、社長が「島村」というお名前でそのままだそうです。

創業は昭和47年「島村呉服店」として埼玉県で始めたのだという。

呉服店だったとは!!びっくり。

出典フリー素材

しまむらの「目玉商品」戦略

またさらに、しまむら の魅力は、人気雑誌や人気モデルとのコラボ商品を飽きないようにいつも新商品を出しているとのこと。


大人気の大手メーカーやモデルとコラボすることにより、低価格で大好きなブランドが手に入るとのことで大ファンが多いという。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

しまむらにさまざまな戦略があったのですね!

この記事を書いたユーザー

ひめ このユーザーの他の記事を見る

PR、広報、マーケティング戦略のコンサルタントをしています。

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス