今や社会的問題になるほど増え続けている万引き!セキュリティが厳重になっても未だに減らない犯罪行為のひとつです。


万引きは大罪です!

万引きとは、営業時間中の商店・小売店(百貨店・スーパーマーケット・コンビニエンスストア・書店・レンタルビデオショップ・ドラッグストアなど)において、販売のために展示・陳列している商品や商品見本、備品などを購入客を装って店の目を盗んで窃取することをいいます。

万引きは「窃盗罪」にあたり下記の通り10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する犯罪です。

小売業・サービス業などの店頭で多発している万引き犯罪。主として、セルフ販売を行っている企業にとっては深刻な経営問題となっています。青少年の健全育成面や治安維持の面からも社会問題となっている状況です。

出典 http://www.hanzai.net

オランダの、あるお店で10000人目の万引き犯を祝福している映像が2006年にYou tubeに掲載されました。この動画が改めて話題になっています。

10000人目の万引き犯が見つけられた、その決定的瞬間が収録されているのです。モニタールームで店長が怪しい客を観察していると、不審者を発見!盗んだ姿を確認した店長は、猛ダッシュで犯罪者のもとへ向かうという臨場感溢れる動画。

そして無事に女性の身柄を確保。さぁ、これから警察に連絡して突き出す……と思いきや! ひと味、いやふた味も違うのがこの動画なんです。

10000人目の節目ということで、なんと店長はお店をあげて万引き犯を祝福してしまうというビックリな企画なのです!

決定的瞬間!

出典 YouTube

万引きした女性に対して、店長は、花束、ケーキ、シャンパンの大サービス。これには、さすがの万引き犯も防犯ブザーを鳴らしながら逃走したのです。

逆転の発想ですね。最後は、警察に通報されてしまうのですが、もう二度と万引きはやらないとこの万引き犯の女性は心に誓ったのではないでしょうか?

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら