仰天プロレス試合形式

「ウォー・ゲーム」

2つのリングをくっつけ天井付のケージで覆います。
そこにそれぞれのチームから先鋒が入り試合開始。
5分後コイントスの勝者が1人追加、
以後2分毎に交互に先取を追加していきます。
全選手が入場後、試合放棄かギブ・アップ、レフェリー・ストップによって決着。

出典 http://wrestlingheart.com

かつてアメリカのプロレス団体WCWで行われた試合形式。
軍団対抗戦、完全決着戦の際にはこのルールが採用された。

ちなみにこの試合形式の考案者は”アメリカン・ドリーム”ダスティ・ローデスだと言われている。

この記事を書いたユーザー

ジャスト日本 このユーザーの他の記事を見る

ジャスト日本です。
ブログでプロレスをメインに取り上げてます。

プロレスをもっとメジャーにしたい。
プロレスをもっと世の中に広めたい。

そんな思いでブログ運営しています。

spotlightでもプロレス記事を中心に更新させていただき、一人でも多くの方にプロレスに興味を持ってもらえるように尽力します。

よろしくお願いいたします!

【ジャスト日本のプロレス考察日誌】
http://ameblo.jp/jumpwith44/

【俺達のプロレスラーDX】
2016年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10094543345.html
2015年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10094543338.html
2014年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10081788013.html

【ぼくらのプロレス執筆記事】
https://bokupuro-ad.gsj.mobi/users/prof/401725

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス