何気なく壁や天井を見ていると人の顔に見えたり、食べ物やドリンク、空や雲、樹木などに顔があるように見えたって経験をした人は多いと思います。また記念撮影した背景に人の顔に見えるようなものが…、そんな時は「シミュラクラ現象」である事が意外と多いようです。では、順に例をみてみましょう♪

例えば、こんなダンボールなどは典型的な例ですね。

「シミュラクラ現象」とは…

人は他人や動物に出会った場合、敵味方を判断したり、相手の行動、感情などを予測したりする目的で本能的にまず、相手の目を見る習性がある。
人や動物の目と口は逆三角形に配置されていることから、点や線などが三角形に配置されたものを見ると、脳は顔と判断してしまう。心霊写真と呼ばれる現象の多くが、これで説明できるとされている。

出典 https://ja.wikipedia.org

例えば、少し話題になっているのが「地球に顔があった!」と言うもの…

ほら、台風が横に並んで♪

他にもどんどん見てみましょう。

これも顔に見える!

顔だ!

これは可愛いですね!

う…何か意思も持ってそうな顔つきに見える。

ちょっと目がリアル?

餃子にも顔が…

笑ってるみたい♪

なんとなく可愛い顔

天井を見上げたら、顔に見えて来るものが…

わぁ~こっちを見てるようですね!

少しオバケっぽいけど…

これは宇宙人でしょ(笑)

なんとなく恐い(笑)

これよくある奴だ!あぁ~これも少し怖い…

今まで比較的可愛い事例が多かったですが、木目は見方によっては、また写し方によっては心霊写真に見えることもありそうです。例えば下の写真を見て下さい。

よく見れば人の顔らしきものが複数見えてきます。

出典 http://guide.travel.co.jp

もし、この泉の写真を凝視して、人の顔に見えるものがあったとしたら、それこそ『シミュラクラ現象』です。これは心霊写真などではなく、ただの泉の写真だからです。
以上の例を見て分かるように、人間の目には3つの点が集まると人の顔と見るようにプログラムされています。要するに、これは脳の働きによるものです。

もしも記念撮影の背景などに写りこんだりすると思わず心霊写真かとドキッとすることもあるでしょう。時には解明できない不思議な事もあると思いますが、「嫌なものが写りこんだな」と感じた時に、この『シミュラクラ現象』の事を知っていると、気が楽になることもあるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス