ギネスで世界最重量で認定されていた苺の記録を福岡県の中尾浩二さんが打ち破りました!以前は、英国の栽培者が32年間も記録を保持していたそうです。

私もワクワクしながらNEWチャンピオン苺を見てみましたが・・・

世界一重い苺は実に個性的な見た目でした!

やはり世界一は違いますね!!

あなたも世界最重量苺、見てみますか?

その苺の重さは・・・

この苺の重さは、たった1粒で、250g。長さは12cm、幅は8cm、外周は25cm~30cmにもなるのですから。はじめてこれだけの苺がなっているのを見つけけたら、きっと栽培者も驚いたのではないでしょうか。

出典 http://www.guinnessworldrecords.jp

なんと外周25~30cm!若いお姉さんの二の腕くらいでしょうか?

苺の画像・・・個性的。

出典 http://www.guinnessworldrecords.jp

なんと、苺を食べる際に重要な先端がありません!
世界一は簡単に食べれない!という事でしょうか・・・

この苺、どう食べる?

栽培者の中尾さんが熱望したのが、自分の娘にこの世界最重量の苺を食べてもらいたいということでした。もちろん、大きな苺を食べられると聞いて喜ばない女の子はいません。彼女は、喜んでこの一粒を口に入れると、「美味しい!」と満面の笑みを浮かべたのでした。

出典 http://www.guinnessworldrecords.jp

食べたのはもちろん中尾さんの娘さんです。
父の愛ですね!世界最重量の苺より重い、父の愛を感じました。

噛み付く先端も無いし・・・と、この苺をどうやって食べるのか想像を膨らませながら動画を見てみました。

まさかこれを一口で・・・!?

出典 YouTube

予想外のナナメ上からガブリでした!

食べ方はどうであれ、娘さんの幸せそうな顔が良いですね。この苺の品種はあまおうだそうです。形は悪いけど、世界一の苺の味は格別でしょう。

あ、形悪いって言っちゃった・・・

まとめ

世界最重量の苺は父の愛によって産まれたと言ってもいいくらい、中尾さんの愛を感じました。植物を育てるのも愛情が関係しているんですね。
今後、長い年月中尾さんが記録保持できるよう祈っています。

家庭菜園でも愛情込めて栽培すれば世界最重量〇〇ができるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

はらぐろしろむし このユーザーの他の記事を見る

実は元タレントだったり。
腹黒な一面を必死に隠して生きている、30代女子!!

権利侵害申告はこちら