育てたように子は育つ

「育てたように子は育つ」

わたしの母は、この言葉が嫌いだ。といっていました。

「親の責任が重すぎる」

と・・・子どもながらに

「親になるって、大変なんだな」

と、思って、母の言葉をきいていましたが、
わたしも親になり、この言葉の意味がわかるようになってきました。



ついつい口うるさく、

「早くしなさい!」

「何回言ったらわかるの!?」

と、子どもに言ってしまうことなどはありませんか?

1日のうちに何回も何回も言っても、身に付かない。

私も・・・・・・

ついついあります。

だって・・・・・・

毎日毎日・・・

1日のうちに何回も何回も言っても、身に付かない。


同じ失敗をする。

「ママと一緒にやろうか」

「どこがわからないのかなぁ」

なんて、常に優しく声をかけてあげるママは、本当は誰もが理想で、でも、限られた時間の中で、たくさんやらなくてはいけないこともある。

その限られた時間の中で、自分の休息の時間もとりたい!

そうなると

≪いつもいつも、笑顔でおおらかに構えたママ≫

それだけではいられない時だってあるんですけれども、本当は、

子どもに何かを伝えるのに、しつこいほどの言葉はいらないのです。

≪子どもは、まねっ子の天才!≫

親や先生、大人が子どもを愛し、自分を愛し、友だちや親兄弟、生き物のいのちを愛し、誠実に、努力して生きて行く。


ただただ、それだけでいいのです。

『ママの頑張っている姿は、子どももちゃんと見ているわよ。だから、大丈夫』

「そんなこといったって、我が子が心配で・・・心配で・・・」

「大丈夫ですか?どうしたらいいですか?」

そう悩むママもたくさんいますそういうお母さんたちには、

子どもを「抱っこする」ことを、すすめてきました。

≪たくさん笑って、たくさん抱っこしてください≫

大好きな母親に抱っこされて抱きしめられて

安心しない子なんていませんたくさんたくさん

「気持ちいい」「温かい」「幸せ」「喜び」

良い感情を伝えてあげてくださいその子は

きっとママが愛する通りに、育ってくれますよ

「優しく愛された子」「すべての生き物のいのちを愛する優しい子」

になります子どもが良い方に育とうとする子ども自身の力も、信じてください。

「信じてもらった子」「自分の事も、相手の事も信じれる子」になります。

「育てたように子は育つ」そんなに難しいことではないのかもしれないですね

元保育士の育児ブログ

ママブロネタ「育児」からの投稿
「育てたように子は育つ」
わたしの母は、この言葉が嫌いだ。
といっていました。
「親の責任が重すぎる」

この記事を書いたユーザー

鳥居重則 このユーザーの他の記事を見る

株式会社All get Service代表取締役社長/一般社団法人男子会 会長を務めさせて頂いております。SNSを活用したビジネス展開で6000万円の借金を返済。詳しくは下記URLのトップページからご確認して頂けますと幸いです。
torii-shigenori.com/

権利侵害申告はこちら