ーだから少女は幻想の国で、
永遠の幸せを探した。

私の好きな映画のひとつに
【パンズラビリンス】という作品がある。

ラビリンスということで、
メルヘンな内容を想像する人が多いが、舞台は内戦後のスペイン。
内容が重いのはもちろん、映像も終始薄暗く、静かに淡々と物語が展開していく。
途中まで観ただけでも、当時Rー12指定だったのもうなづける。

しかしこの映画、暗い現実と並行し、
ラビリンスの部分ももちろん含まれている。

そこに登場するキャラクターが個性的であり、
実は最近かなり話題になっていた。


このPale Man
もともと、怖いけどどこか滑稽で憎めないと話題になっていたのだが。

きゃりーぱみゅぱみゅの
【つけまつける】のミュージックビデオが発表されてからは

ーもはや、つけまつけるにしか見えない。
ーこの世界観がむしろパンズラビリンスぽい。

と、ネットで話題になった。

おかげで、
映画に対する恐怖感が減った人も多いのでは?

ちなみにこの映画、ラストシーンも賛否両論あるのだが、
それは是非、自分の目で確かめていただきたいと思う。


*※*※*※*※*※

ナオイ・メリィ。

この記事を書いたユーザー

ナオイ・メリィ。 このユーザーの他の記事を見る

▽▼▽ナオイ・メリィ。▽▼▽

閃光リトミックの歌のひと。
作詞作曲メロディメーカー兼、総合プロデューサー。

主にココロの痛みとか辛みとか、トラウマを歌ってます。
ライブでの様子はおかしいですが、精神的にはわりと正常。
でも、厨二病は今でもこじらせ気味。

いつまでも【アーティスト】でありたい。
赤い水玉とひつじとポムポムプリンが好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス