7月17日から佐賀県武雄市で「佐賀・武雄のあかり~未来を照らす武雄のあかり展~」が開催されています。8月31日まで開催しています。こちらのイベントでは、武雄市の観光スポットを明かりが彩ります。

その中でも注目されているのが御船山楽園の池の水面に映像を映し出すプロジェクションマッピング「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング-Mifuneyama Rakuen pond」です。

このように、とても美しい映像が池の水面に映し出されています。とても芸術的ですね。

小舟や他の魚のふるまいに影響を受け、魚が泳ぎ、魚の群れの動きの軌跡によって描かれた作品となっています。

実際に行った人の声からプロジェクションマッピングの素晴らしさが伝わってきますね。

佐賀県武雄市へ訪れた際はぜひ足を運んでみてください。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス