出典 https://www.youtube.com

この少年は、ワシントンD.C.に暮らすエディソン・マテオ・ヴァン・エイデンくん(Edison Mateo Van Eerden)通称・エディ。少年の生い立ちはとても、とても悲しいものでした。。けれど、ある家族との出会いが少年に大きな幸せを呼び込むのです。ある家族と少年の心温まる物語をご紹介します。

ごみ箱に捨てられた赤ちゃん

出典 https://www.youtube.com

ある日のこと、工場で働いていた一人の男性がゴミ捨て場を通るとき、ゴミ袋が動いていることに気付きます。動物でも捨てられたのかと開いてみると・・・そこにいたのはダウン症の赤ちゃんだったのです。彼はすぐに警察へ通報。赤ちゃんは「エディ」という名の警察官により児童施設に預けられることになりました。

出典 https://www.youtube.com

エディが児童施設に預けられた数カ月後のこと。彼らの運命が動き出しました。宣教師のジムさん夫妻が、10人の子供の内2人を連れてエクアドルへ旅に出ました。彼らは、その旅行中に訪ねた児童施設でエディに出会います。小さい赤ちゃんのエディを見た瞬間、その瞳に惹きつけられたという妻のレイチェルさんとジムさん。

二人は何度も話合いエディを養子にしたいと決心したのですが、養子になる過程はそう簡単ではなかったそうです。エディを家族に迎えるために夫婦が複雑な審査を通るまでなんと5年間もの歳月を必要としたのです。

A Mother's Love

出典 YouTube

5年もの時間を経てエディはジム夫妻に家族として迎え入れられ現在10歳。家族に見守られ元気に育っています。生まれたばかりでゴミ箱に捨てられるという残酷な現実。ですが、エディは血の繋がりはなくとも遥かに大切な大きな幸せを手にいれました。

彼の笑顔、安心した表情から家族にどれだけ愛情を注がれているのか見るに察しますね。エディのママになったレイチェルさんは「エディは決して衝突するようなことはしません。彼は愛し、笑い、ハグをします。私は、エディソン・マテオ・ヴァン・エイデンの立派な母親になりたいです。」とコメントしています。

悲しい過去は変えることができない現実ですが、エディにまっていたのは大きな幸せ。これからもエディ一家に幸せが降り注ぎますように。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス