仰天プロレス試合形式

「スモーマッチ」

プロレス団体WWF(現・WWE)で1994年に行われたヨコズナVSアースクエイクのルールはなんと相撲!

角界でかつて琴天山という四股名で相撲経験のあるアースクエイク(ジョン・テンタ)と相撲経験がないのに"横綱"を名乗るエセ相撲レスラー・ヨコズナ(グレート・コキーナ)はノーロープのリングの中でスモーマッチで対戦し、アースクエイクが勝利した。

ちなみに2005年にWWE「レッスルマニア」で曙VSビッグショーの相撲も実現したが、こちらはちゃんとした土俵での相撲だった。

この記事を書いたユーザー

ジャスト日本 このユーザーの他の記事を見る

ジャスト日本です。
ブログでプロレスをメインに取り上げてます。

プロレスをもっとメジャーにしたい。
プロレスをもっと世の中に広めたい。

そんな思いでブログ運営しています。

spotlightでもプロレス記事を中心に更新させていただき、一人でも多くの方にプロレスに興味を持ってもらえるように尽力します。

よろしくお願いいたします!

【ジャスト日本のプロレス考察日誌】
http://ameblo.jp/jumpwith44/

【俺達のプロレスラーDX】
2016年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10094543345.html
2015年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10094543338.html
2014年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10081788013.html

【ぼくらのプロレス執筆記事】
https://bokupuro-ad.gsj.mobi/users/prof/401725

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス