出典 https://www.youtube.com

画像の少年は、アメリカ・フロリダ州のメキシコ湾沿いに位置する町タンパに住む8歳の男の子ケニー・ルイスくん。彼の夏休みの目標が大きな反響を呼んでいます。彼の目標とは、「シェルターで保護されている少しでも多くの犬や猫たちに新しい飼い主を見つけること」なぜルイスくんは犬や猫達に新しい飼い主を探そうと思ったのか?心優しい、ルイスくんはどんな活動をするのか?早速、ご紹介していきます。

出典 https://www.youtube.com

ルイスくんが、シェルターの犬や猫の存在を知ったのは、フロリダ州の動物保護施設を訪れた時のことでした。スタッフから、アメリカのシェルターで保護されている動物たちが、どんなに過酷で辛い過去を背負って生きているか ということについて学んだルイスくん。「彼らを救いたい!少しでも多くの命を救いたい」ルイスくんの純粋な心に火が灯り、早速、動物達を支援する活動を始めました。

ルイスくんの活動内容!

出典 https://www.youtube.com

ルイスくんは、趣味でYouTubeにオモチャやお料理動画を投稿してたこともあり、犬雑誌”The New Barker”が主催する「保護犬の里親探しイベント」を告知するためのYouTube動画の制作に取り掛かかることに!

The New Barker

出典 https://curation.ameba.jp

ルイスくんのここでの目標はなんと150匹の動物達に新しい家族を探すこと!本当に頭が下がる思いですね。一途な気持ちと情熱はここでまで人を突き動かせる!

出典 https://www.youtube.com

ルイスくんの活動はそれだけに留まらず、普段、YouTubeを見ている何千万人もの人たちが偶然にでも自分の動画を目に触れるチャンスを増やそうと、夏休みの間中YouTubeに動画を投稿し続けるつもりだと言うのです!

その動画の中ではルイスくんは、もし、犬や猫を飼うのであれば、ペットショップやブリーダーからではなく、シェルターで保護されてる動物達の新しい家族になってと訴え続けるそう。

将来の夢

出典 https://www.youtube.com

ルイスくんの将来の夢は、動物の救助隊員になること。

「もし世界中のみんなが保護された動物を迎えてくれたら、それ以上幸せなことはってないよ。だって、もしそうなったら、悲しい思いをするペットたちは1匹もいなくなるんだから。ぼくはそれが正しいことだと思ってるんだ。」 ケニーくんはそう熱く語っています。

大人でもなかなか実行するのは難しい活動を始めたルイスくんには本当に頭が下がる思いです。人間のエゴによって生み出され、捨てられてしまう一部の動物たち。ルイスくんが考えるように、こういった動物たちの生涯に責任を持つことは、わたしたち人間の役目。

色んな事情があるかもしれませんが、一度預かった命を簡単に捨てることはやはり許されない行為。このような、過酷な人生を送る動物達が少しでもいなくなることを心から願います。現在、ルイスくんの情熱は大きな反響を呼び大勢の人々の胸に届きはじめています。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス