「イクメン」という言葉が流行語になったから早5年。言葉としては定着した感はあるものの、働き方の見直しはなかなか進んでいないというのが実情ではないだろうか。

まだまだ数としては少ないが、子育てに積極的に取り組んでいる父親たち。しかし、そうした父親は一面的には、「恵まれた父親」という見方がされがちだ。もちろん、そうした面もあるかもしれないが、職場の中で上司や同僚の理解を得ながらようやく育児休業を取得した父親、子どもと接する時間を作れずに悩み転職した父親、共働きの中で妻と対話を繰り返しながら自分たちの家族のカタチを見出した父親、、、などなど、父親がさまざまな工夫をしながら乗り越えていっているその姿をもっと社会が認知をしていくことが必要だろう。

厚生労働省が2010年に立ち上げた「イクメンプロジェクト」では、昨年度から、そうした父親たちの声を披露する場として、「イクメンスピーチ甲子園」を開始し、現在、「2015」のスピーチを募集中だ(8月23日(日)まで)。
http://ikumen-project.jp/episode_contest/index2.php

応募するための条件としては、
育児と仕事の両立のための工夫
育児の楽しさや大変さなど
ーーの2点を盛り込んだ上で、伝えたいメッセージを800字以内に凝縮させるというもの。

上記に加えて今年度からは新たに「育児に対する熱意を語る30秒動画メッセージ」を投稿することも可能になった(任意)。
イクメンスピーチ甲子園の条件審査項目としては、
両立性・・・育児と仕事の両立を図るための工夫があること共感性・・・大変さ、喜び等、広く共感できること継続性・・・一過性ではなく、継続実施可能な工夫であることーーの3点を基本にした上で、その他、独創性や困難度、スピーチ能力等を加味して審査する。

是非、多くの父親に声を上げてもらいたい。その声がいま育児と仕事の両立がうまくいっていない父親にとって少なからず励みとなることだろう。女性の活躍推進が叫ばれているが、要は父親が変わらなければ社会は変わることはない。しかし、どの父親も大胆な一歩を踏み出すことは難しい。だから小さな一歩でもいい。その一歩が重なれば、社会にとって大きなうねりとなって還元されるはずだ。


昨年度の模様は、こちらから。
https://youtu.be/1diuxxCP8Xs
おちまさと氏(イクメンプロジェクト推進委員) 激励メッセージ
https://youtu.be/H-0GV7ESpGg
駒崎弘樹氏(イクメンプロジェクト推進委員会座長)によるお手本30秒動画メッセージ
https://youtu.be/12X2eneMZIQ

募集期間 平成27年6月29日(月)~平成27年8月23日(日)
応募方法 エピソード(必須)、動画メッセージ(任意)、いずれもイクメンプロジェクトホームページの専用フォームからご応募ください。
 注1:エピソードは、フォームから直接入力いただく形式となっております。一時保存が出来ませんので、予めご了承ください。Wordやメモ帳等のツールで作成してから入力することを推奨します。
 注2:動画メッセージも応募いただく場合は、エピソードと同時応募での受付となります。
審 査 予選審査*を通過した3名による決勝スピーチ。(審査員による審査)
 *エピソード審査。必要に応じて動画メッセージも審査に加味。
決 勝 平成27年10月19日(月)時事通信ホール(東京)にて実施予定
表 彰 優勝・準優勝・3位を決定(記念品進呈)
 その他動画メッセージのみの応募はできません。ご本人の承諾がある動画メッセージは、イクメンプロジェクトホームページに掲載します。
 *動画メッセージの投稿にあたっては、「動画投稿について」及び「投稿規約」を必ずご確認ください。
 *公開期間:10月中旬まで(予定)
                                                                       出典:イクメンプロジェクト

出典 http://ikumen-project.jp

応募概要

この記事を書いたユーザー

吉田大樹 このユーザーの他の記事を見る

吉田 大樹(よしだ ひろき)
労働・子育てジャーナリスト

1977年7月 東京生まれ。札幌育ち。現在は埼玉県鴻巣市在住。
2003年3月 日本大学大学院法学研究科政治学専攻修了(政治哲学)
2003年4月~12年6月「労働安全衛生広報」「労働基準広報」(労働調査会発行)記者。労働関係の専門誌記者として、ワーク・ライフ・バランスや産業保健(過重労働・メンタルヘルスなど)の問題を精力的に取材。働き方や生き方の変革を訴える。
2012年7月 NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事(~14年6月)
2015年4月 鴻巣市立コミュニティふれあいセンター・センター長
2015年4月 グリーンパパプロジェクト設立

<これまでの公職(現職含む)>
・内閣府「子ども・子育て会議」委員
・厚生労働省「子どもの預かりサービスの在り方に関する専門委員会」委員
・厚生労働省「イクメンプロジェクト推進委員会」メンバー
・鴻巣市「男女共同参画審議会」委員
・経済財政諮問会議「今後の経済財政動向等についての点検会合」有識者

著書に「パパの働き方が社会を変える!」(労働調査会)

3児(03年長男、06年長女、08年次男)のシングルファーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス