出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
「色の白いは七難隠す」という言葉がありますね。現代では価値観が多様化して、色白の肌も素敵だけれど、小麦色の日焼けした肌もそれに劣らず素敵、という考え方が広まっています。どちらにしてもトラブルのない、すべすべした健康な肌であることは、何より重要なポイントですね。

今回は、悩み多い肌質の代表格ともいえる“混合肌”のスキンケアについて、医師に聞いてみました。

“混合肌”とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

混合肌とは、顔の部位によって肌質の異なる肌のことです。
代表的なのは、額と鼻筋のTゾーンはオイリーでテカテカするのに、ほかの部分は乾燥してカサカサする、といったタイプの肌です。また、Tゾーンはテカるけれどもほかは普通肌、もしくは一部だけ乾燥肌など、いろいろなタイプがあります。

また、あごのラインが乾燥して、些細な刺激によりニキビなどができてしまうUゾーンも悩ましいですね。

顔の部分別にお手入れを!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

混合肌のお手入れのポイントとしては、少し手間や費用はかかりますが、スキンケア用品を顔の部分別に使用することです。
例えば、Tゾーンにはオイリー肌用のさらっとした化粧水や乳液を、乾燥する部分にはしっとりタイプの化粧水とクリームを使うといった具合です。自分の肌をしっかり把握してその肌質にあったケアを行うことで、トラブルの少ない、滑らかな肌をつくることができるでしょう。

費用や手間の面でどうしても難しいという人は、乾燥している部分がもっともトラブルが起こりやすいことに注目してみましょう。顔のどこかが乾燥肌に該当するようであれば、その部分を中心に考えて、顔全体に潤いを補給するタイプのスキンケア用品を使用するといいですね。


≪最近肌にうるおいがないかも…そんな方へ≫
1分でできる【肌乾燥度】チェック!

医師からのアドバイス

混合肌だけでなくどの肌タイプの人にもいえることですが、お肌の調子を身体の中から整えることも意識してみましょう。
そのためには、良質のたんぱく質を含む肉や魚、ビタミン・ミネラルを豊富に含む野菜を摂取することはとても大切なことです。また、良質な睡眠もこの上ない肌への栄養になるので、生活リズムを整えることも忘れないようにしましょうね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス