~はじめに~
パチスロについて書いていいか許可頂いてません!
削除されるかもしれませんので、早めに読んで頂けると幸いです。

あなたはスロットを回してる時、何を考えてますか?

夫に、私はこんな事を考えながら、打っていると話したところ、そんな事考えながら打ってるやつはいないだろー的な事を言われたので、本当なのか書いてみる事にしました。

ハーデスの妻がペルセポネ、番犬がケルベロスという事は

ハーデスとペルセポネがペットにワンコ(ケルベロス)を飼っているという事ですよね。

当たって出てきた(主人公)がケルベロスの場合

まずだいたい↓家の外ですよね~。。。

ここから先は、ケルベロスの心の声を表しています。
「ハッハッハッ。今年の夏は暑いワン。おいらは大型犬だから仕方ないのかもしれないけど、室内犬に憧れるワン。家の中に入れてもらいたいワン!」

家の中↓に入れてもらえました♪

「家の中にいれてもらえたワン♪もっと涼しいのかと思ってたけど、氷の後ろで、火が噴いてて?ちょうどいいワン。せっかくだから、パパ(ハーデス)の部屋にも入れてもらいたいワーン♪」

そうは問屋がおろしません(ハーデスが許しません)。

「家の中で、はしゃいでたら「暴れるな!」って外に出されたワン。せっかく家に入れてもらえたのに・・・。ワオーン!!!」

・・・てな感じです。
あなたは、どんな事を考えながら打ってますか?

当たって出てきた(主人公)がハーデスの場合。

とりあえず出現時には「おとうさ~ん!」と叫ぶ。

平均300Gっていう事ですけれどもね。私の平均は、100Gです(笑)。
ケルベロスの方が乗るので、一度、ハーデスで夢を見てみたいもんです。

ほらね。自己最高は490Gです!←自慢。

ハーデス結構引くんです。出てきては くれるんですけれども、100G・・・。
そりゃワンコで50Gも、もちろんありますけど・・・。

話は戻ってハーデス出現時

ハーデスが家に入れないのは・・・

ここから先は、扉越しのハーデスとペルセポネの会話です。

ハーデス「おーい!母さん!わしだ!開けてくれ!何で開けてくれないんだ!」

ペルセポネ「午前様に帰ってきておいて、何?その態度!!絶対開けてやるもんですか!!!」

ハーデス「すまん!頼むよ。開けてくれ!ご近所さんに見つかったら恥ずかしいじゃないか。」

ペルセポネ「そんな事、知るもんですか!これで何度目?!」
※私の中の設定では、ハーデスはペルセポネの尻に敷かれている。

・・・てな理由で、なかなか入れてもらえない訳です。

青が続くと↓コイン出ませんよね?

ハーデス「おい、母さん。最近小遣いが少なすぎやしないかい?」
※私の中の設定では、ハーデス家は小遣い制。

ペルセポネ「仕方がないでしょ?ここら一帯は豊かではないのよ。(随時、天空移動。世界中を視察。)それくらい我慢できなくて、どうするの?」

ハーデス「そうは言ってもなぁ・・・。紙幣を作り出してはダメかい?」

ペルセポネ「何言ってるの!人間界でも紙幣偽造は罪な事と決まってるでしょ!人間も守っている事を 神が守れなくてどうするの?!」

ハーデス「・・・わかったよ。ブツブツブツ・・・。」

ハーデスでさえハーデス部屋には なかなか入れません

ハーデス「おい。母さん。わしの部屋の鍵を知らないか?」

ペルセポネ「自分の部屋の鍵をなくしたの?!だから気軽に入れるように部屋に鍵をかけるのは やめてちょうだいって、いつも言ってるじゃないの!!!」

ハーデス「うん。まぁ。そうなんだけど、秘密の多い「神」の方が魅力的だろ?」

ペルセポネ「・・・バカじゃないの?!」

ちなみに。ハーデス部屋はもちろん

この画面の事です。

どうでしたか?私はこんな感じでスロットを回してるんですが、あなたはどんな感じでまわしてますか?

ちなみに こんなバカな事も興味本位でしてしまう・・・。

ゴッドを引いたところです。

画面の文字と、私の手に注目して下さい。
あえて、指示とは反対の右を押してみました。
ドキドキドキ・・・♡

中を押してって書いてるのに・・・

最後まで逆らってみました。(冷汗タラタラでした。)

チャッチャラ~♪

・・・大丈夫でした(笑)。寿命が縮まるので、真似しない方がいいかもです。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら