夏といえば連日高校野球が放送されていますが、野球以外でも全国高校総体、いわゆるインターハイが行われています。そんな中で今回注目するのは男子新体操。新体操と聞くと女子の競技のように思う方もいらっしゃるとは思うのですが、男子もあるんです。

そんな新体操で毎回注目を集めている高校があります。それが鹿児島実業です。鹿児島実業といえば野球やサッカーでも全国大会常連の強豪校のイメージがありますが、新体操も毎年インターハイに出場する強豪校です。

鹿児島実業がなぜ注目を集めているかというと、毎回演目の内容が斬新かつユニークにとんだものだからです。もちろん今年のインターハイでの演技もとてもユニークなものでした。

演技が始まります。

出典 https://www.youtube.com

入りは今一大ブームを巻き起こしています「妖怪ウォッチ」から始まります。これで”掴みはOK”です。

揃ってバランスとります。

出典 https://www.youtube.com

音楽に合わせてキレイにバランスを取ります。

足が抜けない。

出典 https://www.youtube.com

一人足が抜けない部員を他の部員が助けます。この動作もしっかり音楽に合わせています。

魅せるところは魅せます。

出典 https://www.youtube.com

コミカルな演技だけではなく、豪快なアクロバットも披露します。

全員が揃ってアクロバット技を披露。このメリハリもいいアクセントですね。

からの、ダンソン。

出典 https://www.youtube.com

豪快なアクロバットを披露したかと思うと、今度は「ダンソン」の動きを見せます。流行りものを次々に投入してきます。

ちょっとだけよ。。。

出典 https://www.youtube.com

子供たち世代だけではなくお父さん世代のことも忘れてません。加藤茶さんの「ちょっとだけよ」。ズボンの裾を捲り上げてセクシーアピール。画像では見えませんが、捲り上げられたスネの部分にはハートマークが付いていました。芸が細かい!

かかってこいや、コラ!

出典 https://www.youtube.com

そして次は「仁義なき戦い」。もう何でもありですね。

出典 https://www.youtube.com

一人目は軽くあしらいますが、二人目は手が長くやられてしまいます・・・。

フィニッシュ!!

出典 https://www.youtube.com

最後はまた「妖怪ウォッチ」で締めくくります。お見事!

では、動画でご覧ください。

出典 YouTube

まさに記録より記憶に残る演技です。

なぜ、こうした演技をするのか?

新体操部監督・樋口靖久氏はコミカルな演技を取り入れた理由を「うちは強いチームではなかったのでインターハイも毎回は出られなかった。だから、たまに出たときくらい印象に残る演技をしたいと思って考えました」さらに「うちは素人が多いからそこを補うためにコミカルな演技を取り入れた」とも話しています。

コミカルな演技で会場の注目を集め、見ている人たちが楽しんでくれているというのが生徒たちの自信につながり、どうしたらもっといい演技ができるかというモチベーションにもつながっているようです。

一度見たら忘れられない。

過去の演技もどうぞ。

出典 YouTube

こちらは去年のインターハイの演技です。「進撃の巨人」「トッキュージャー」から「笑点」まで目白押しです。

出典 YouTube

2012年の演技です。「3分クッキング」「マルモリ」「フライングゲット」など。

出典 YouTube

こちらは2013年のインターハイの演技です。「女々しくて」や「きゃりーぱみゅぱみゅメドレー」など。

出典 YouTube

2012年のインターハイの演技です。「ドラゴンボール」「ももクロ」「一休さん」「プリキュア」などアニメ曲で攻めてきました。

鹿児島実業新体操部は「真剣にふざける」をモットーに演技を行っているそうですが、その裏には高難度の演技をこなすだけの実力が備わっているからと言われています。鹿児島実業がお笑いに走らず演技をしたら上位に入賞する実力があるそうです。

しかし、彼らはこれからもきっと今のスタンスを貫いていくことでしょう。彼らにとって上位入賞よりも見ている人たちを笑顔にすることに喜びを感じているのでしょう。鹿児島実業の演技はまさにエンターテイメントですね!

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら